スポンサーリンク

wimaxからeo光へ乗り換え予定

昨年に和歌山市に引っ越してきてとりあえず現在まではwimaxでしのいできました。3日3GB制限なんてそう簡単には引っかからないだろう・・・という甘い考えでした。

子供がyoutubeを見るのでwimaxで常時3日3GB制限に引っ掛かる!

ところが最近子供2名がyoutubeを頻繁に見るという世間でよく起こっているであろう状況に陥っています。

そうすると平気で3日で15GBあたりをキープしてしまいます。

つまり、

常時速度制限に引っかかった状態でwimaxを利用しています!

速度制限がかかって調子の悪い時は平気で1mbps台などというhuluやyoutubeの高画質が引っかかるレベルの速度を叩き出すことがあります。

ちなみにwimaxの子機は据え置き型の

URoad-Home2

ですので屋内でもかなり受信状況はいい方になります。アンテナ感度が4/5から5/5を表示することが多いです。

ちなみに利用環境は

so-net wimax2

で制限がかかっていない状況で平均すると15Mbpsあたり、UQ wimaxのレンタルで試してみた実測よりもso-netは少し下回るようです。(和歌山県和歌山市において)

常時1Mbpsの回線と化したwimaxに4000円程度も払ってられない笑

最初の目論見は大きく外れて極低速回線と化したwimaxですが、いい加減我慢の限界を感じたので以前の住居で使っていたeo光を検討することにしました。wimaxよりも500円~程度のアップで光の固定回線になることと、引っ越しをした場合でもどうやら大きな費用の負担はなさそうだったので。

問題は・・・

so-net wimaxの解約の違約金が一年以内の場合は19000円と高額なこと、1年~2年は14000円、それでも高額です。

eo光を申し込むとどうも15000円のキャッシュバックがあるようなのでso-netがまる1年を超える2月のタイミングでeo光に乗り換えることにしました。

so-netの違約金がeoのキャッシュバックでちょうどカバーされる感じです。

年明けにeo光に申し込み

イメージ的に光回線の工事は1ヶ月~待たされるイメージで、2月中には開通して欲しかったので1月初旬に申し込みをしておいたのですが、

先日eo光の工事業者さんから電話があり、

「1月17日が空いていますがいかがでしょうか〜?」

と思ってもいない即開通しそうな勢いで電話がかかってきました。

自分「えと、2月1日は空いてないですか?・・・」

ということで予想外に先延ばしを希望しました。

やはり都市部ではない、3月~などの引っ越しが集中するシーズンではないことが要因でしょうか。

まとめ

子供がyoutubeを見る可能性があれば、wimaxは絶対に避けるべき回線であると思います。3日で3GB制限はすぐに到来します笑

解約しようにも高額な違約金が発生すること、仮にwimaxにキャッシュバックがついていたとしても受け取りできるのが1年先だったりするので簡単にやめられないこと。

上記の理由により気軽にwimaxに手を伸ばすと痛い目に見るかもしれません。私が実際に痛い目を見ました笑

子供がいる世帯では固定回線を選ぶべき

子供がいる世帯では、3日で3GBのwimaxの速度制限や、

携帯で見られるような7GB上限のある回線ではなく、

速くはなくても、上限、速度制限のない固定回線を選ぶべきと痛感しています。

スポンサーリンク
関連記事