スポンサーリンク

ページがマッチしません ! タイムスタンプが違うか見つかりません ! Wp Super Cache

当ブログはwordpressにて運用していますが、

先日たまたまwordpressのプラグインであるWp Super Cacheというプラグインの設定の見直しを行っていて、キャッシュテスターを行って見たところ。。。

ページがマッチしません ! タイムスタンプが違うか見つかりません !

という表示のエラーが一つ出てしまいました。調べているとサーバーのパーミッションであったり設定を変えたら直った。など色々情報はありましたが、至ってシンプルなことで対処できましたので、一つの可能性として載せておきます。

キャッシュ系プラグイン Wp Super Cache

ワードプレスのキャッシュ系のプラグインとは、静的なHTMLファイルを作成することで、表示速度を改善しよう。というものです。

ただ、キャッシュを自動作成するという意味では、すぐに更新が反映されなかったりするので、多少のリスクも伴うプラグインとなります。

このブログでは

キャッシュ系プラグインとして

Wp Super Cache

CDNとして

Cloudflare

を導入しています。

はい、ここでもうお気づきの方はお気づきかと思いますが、どうやらCDNであるcloudflareが悪影響を及ぼしていました。

それでは下記が行なった対策となります。

CloudflareがWp Super Cacheのタイムスタンプを消してしまう

cloudflareにログインして

SPEEDというところを確認したところ・・・

Auto Minifyという項目があります。

要するにJavascript,CSS,HTMLをcloudflareで縮小します?どうします?

という設定です。

そういえば、自分も設定した時に

「まぁ、エラーでなければ縮小してくれた方がいいかー」

なんて気軽にチェックを確認した記憶がありました。

これにチェックが入っていると、

Wp Super Cacheの設定画面です。

キャッシュテスターをクリックして動作確認をして見ます。

そうすると、

「ページがマッチしません ! タイムスタンプが違うか見つかりません ! 」

こういうエラーが発生します。

Cloudflare側でのタイムスタンプ対策

どうやらcloudflare側でJavascript,CSS,HTMLを修正するようですが、htmlの縮小の際にWp super Cacheのタイムスタンプを消去しているようでしたので、

AutoMinifyの設定項目のうち

「HTML」

だけチェックを外します。

そのあとCloudflare側のキャッシュを削除し、もう一度Wp Super Cacheのキャッシュテスターを試して見たところ

とりあえずWp Super Cacheのキャッシュテスター上ではタイムスタンプのエラーが消えたので、CloudFlare側の設定であるAutoMinifyのJavascript,CSSはチェック入れたままで様子を見ています。

まとめ

今回のWp Super Cacheのタイムスタンプが消えてしまう。というエラーはCloudFlareというCDNの影響により消えてしまっていたものでした。

cloudflare側のAutoMinifyを見直すことで復旧できました。

パーミッションや設定をいくら見直してもタイムスタンプがマッチしない。という方は、もしかしたら他のプラグインとの相性問題なども影響しているかもしれないですねー。

やはりキャッシュ系のプラグインの設定には気をつけた方が良さそうです。

スポンサーリンク
関連記事