自動車税を気にする時期でバルカンの登録に悩む

先月あたりから次期通勤号を探していました。

探しているのは400ccクラスで値段の高くないもの。で、初期型近辺のドラッグスター(4TR)、バルカン(VN400)に絞って探していました。

ドライブシャフトなドラッグスターはオークションで探してもらっていたんですが、思った以上に値段が上がって手が出しにくい状態。。。バルカンは出品そのものが少ない状態。

で、色々探していたところ、現車確認をしてみようと思えたバルカンがあったので見てきたんですが、

「綺麗すぎて逆に怪しいw」

そりゃ綺麗に越したことはないんですが、90年代中盤のバルカンにもかかわらず走行距離は浅いし、外観はやたらと綺麗・・・。過去何回かの車検証の距離記載を確認しても問題なし。

もう疑心暗鬼な状態で何が何やらわからない状態でした。

スポンサーリンク

バルカンにしようと思います。

かぶりやすく、パーツを発注したとしても1週間かかっちゃうカワサキさんのバイクですが、

「雰囲気で、バルカンにしようかと思います」

距離も浅く外観も綺麗で、値段も何か安め。どこに落とし穴があるんだろう?と考えていたんですが、何よりほぼノーマルな状態を保っていたことが決心しようと思えるポイントでした。

「ハンコ押すので押さえておいてください」

現在ココです。

ほぼ現状渡しというような店舗でしたので、明らかに手を入れないといけない場所は確認済みです。結構ありますが、冷却水漏れ以外は基本的な納車整備と変わらない感じだと思います。

  • クランク近辺の冷却水漏れ
  • キャブオーバーホール
  • フロントディスクパッド(多分キャリパのオーバーホールも必要ぽい)
  • 前後タイヤ
  • バッテリー
  • エアクリ

パッと頭の中で想像するだけで何万円かかかりそうですが、自分で作業する分それほどでもない感じです。あとは乗り出してから気づいたところを整備する感じですね。

そこで思い出したのが軽自動車税の問題w

バルカンの軽自動車税 400CCクラス

原付、軽自動車、登録車にしても毎年、税金がかかるわけですが、登録車(いわゆる普通車)を除き

4月1日の時点での所有者に税金の支払い義務が発生します。

細かく書くと登録車と軽自動車、バイクでは、県税事務所、市町村と管轄が違いますがここではその辺は避けておきます。

つまり、例えば4月2日以降に登録したバイクについては当該年度に関しては税金の請求はありません。

ちなみにバルカンは251~400ccクラスなので、6000円します。これだけあれば色々な箇所が整備できるわけで・・・

ちなみに

原付は2000円、原付2種は50~90ccまでが原付と同じく2000円。91~125ccが2400円。

126~250ccが3600円。251~400ccで6000円。

3月中旬以降は中古バイク屋さんが暇になるのまぁ納得できますね。。。

避けられるのであれば避けたいので、少し時期を考えているところです。というかよく考えれば大型でも6000円ですから、400って何かかわいそうなクラスです。

売却、抹消は4月1日までに!登録は・・・好きな時に

バイクや軽自動車の売却を考えている方は4月1日よりも前に処分したほうが税金の部分で考えれば得になります。ただし、買取店などに売却する場合、4月1日ギリギリの場合には名義変更や抹消が間に合わない可能性がありますので、税金の支払い義務が発生する可能性はあります。月割り計算はありませんので全額です。

ですので、少し時間的な余裕を持って処分するのが理想です。

ちなみに、登録車(いわゆる普通車)の場合には・・・

もちろん4月1日の所有者の方に一年分の税金が来るわけですが、仮に4月以降に廃車にしたとしても全額支払った税金分から未経過分として廃車以降の税金が月割計算されて、後日還付されますのでこちらは少し安心です。

まとめ

軽自動車もそうですが、原付含め、バイクの登録をご自分で各市町村役場や陸運局でされる場合は4月1日に登録に行くことだけはやめましょう笑

その年度の税金の支払いが発生しますよ。

笑い話ですが、

知人「年度始めで覚えておきやすいから、今日登録いってきた!」4月1日です笑

自分「え・・・明日なら今年分の税金かからなかったのに・・・」

知人「ガーン・・・・orz」

ということがかつて一度ありましたので、やっちゃう人はやっちゃうかもしれませんので笑

スポンサーリンク