バルカンのオイル漏れを発見してしまった件

あまり使われていなかった車両だったせいでしょうか?

突然のように酷使されるようになり、バルカンさんよりところどころ悲鳴が聞こえてきます。

現車確認をした際にはエンジンよりオイル漏れは確認できなかったのですが、やはり使い始めるとオイルが漏れてくる箇所がありました。

スポンサーリンク

ふとみてみたところなんとなくオイルっぽい滲みが・・・

先日からタンクを下ろしたりすることが多くエンジン近辺を確認することが何度かあったのですが、その際にまた見てはいけないものを見てしまいました。。。

写真は前シリンダー側です。

じっくり見てみると・・・

「オイルが前方に向かって滲んでいます。」

オイルが溜まっている箇所は・・・

数日前にオイルっぽい汚れがあったので、パーツクリーナーでオイルを落としてからのオイル滲み(オイル交換後の綺麗なオイルが滲んでいるので間違いない)なので、オイルが漏れていることは確実です。

というか、よくよく確認してみると

右の丸いプラスチックのカバーのような部品。

カワサキ純正品番で言うところの

92066-1562 プラグ、カムホール

何かこじって取り外したのか、取り外そうとした形跡があります。

とりあえず同じくこじってみたのですが、どうやらヘッドカバーを外さないとここは外れなさそうです。バルカン乗りなら当たり前なんでしょうか?w

ヘッドカバーもタンクを下ろすことなく外せそうなので作業自体もそれほど手間ではないはず。

このカムホール付近から車両の前方に向かってオイルが滲み出しているので、この部分からのオイル漏れはほぼ確定。

あとは、ヘッドカバーガスケット部分からの漏れがあるのかどうか?

ですが、先日パーツクリーナーで洗浄してからの漏れは確認しきれませんでしたので、とりあえずこのカムホールとOリングだけを発注しておきました。

またまた、カワサキさんですので到着までしばらく時間がかかります・・・

前側シリンダの構成図

  • 92066-1462 プラグ、カムホール
  • 92055-1459 リング(O)

この2点ですね。

価格を確認してみると、2個の金額が出ていたので本来ならば当然、前後ともに同時交換をオススメする箇所なんですね。

念のために後部シリンダを確認しておきました。

後シリンダ側のカムホール確認

後ろ側シリンダの後部から確認して見たところ、

「特にオイル漏れの形跡はありません」

前のように

「こじって無理やり開けようとした形跡もありません」

本来であれば、一緒に交換してあげたいところですが、今回はスルーしますw

また漏れた時に対処すればいいでしょう。

後ろ側は無事だったので、前側のみ部品を注文しておきました。

まとめ

先日から順番に古いノリモノによくありがちな小修理が続いていますが、まだまだしばらく順番に小修理が現れそうですw

クルマでいうと、JA11あたりのジムニーに乗っている感覚に近いです。

エンジンにいいだろうと思って化学合成の高価なオイルを入れたらエンジンからオイル漏れが発生したり・・・とかオイル漏れが治ったら足回りのヘタリが・・・とかって感じで、

直した〜!と思ったらいつのまにかまた新しい要修理な箇所が現れる!

みたいなw

中古車でしっかり整備された車両を購入した場合などは、こういった部分なども手入れされた状態で乗り出しできるはずですが・・・自分の場合は現状渡しですのでそうもいきません。

というか、

自分が今、順番にやっていることが

「納車整備」

と同様ですね。

ただ、95年式とはいえ国産なうえに、純正部品がまたしっかりと供給されているのである意味安心して乗れるのかもしれません。

悪くなった、悪くなりそうな部品を入れ替えればいいだけですし、まだまだヤフオクなどでも中古パーツは揃っていてそれほど困るような環境ではなさそうですし。

スポンサーリンク