スポンサーリンク

TT&CO. 500-TXとSWANSのシールド、FOGWIN702は相性抜群

以前、

そろそろ毎年恒例の花粉症の時期となりました。 2017年は例年より多く花粉が飛散するとかしないとかで、 目、鼻の対策という意味で...

という記事を書きました。

もうすぐ5月に入り、梅雨の時期も目前に迫ってきています。

500-TXに付けているSWANSのシールドは

  • ジャストサイズ
  • 安い!
  • 500-TXとの組み合わせだと、風の巻き込み&風切り音は少なめ

と、大活躍なわけです。

むしろ最近はシールド付けっ放しw

サングラスよりしっくりくる気がしています。

夜間に走行することも結構あるので、

「バグアタック対策」

の為にシールドが必須な時期に突入していて、シールドを取り外すという選択肢は現在は選べません・・・

先日の夜も虫の死骸、潰れたやつ、何かわけのわからないやつ。

いっぱい付いていました。

この時期の虫って何か大きくて当たったらめっちゃ痛いんですけど、大きいのは気のせいでしょうか・・・

TT&CO. 500-TXに付けたシールドの曇り対策

ヘルメットの構成はこうですね。

TT&CO. 500-TX

そこに、

まるで専用品のようなフィット感の

SWANSのシールドのスモーク

SWANSのシールドに付けている曇り止めフィルムは、

ウインズジャパン〔WINS JAPAN 〕FOGWIN 汎用ジェット 702

で、見た感じはこんな具合で、違和感など皆無な状態だと思います。

小ぶりな500-TXにジャストフィットしているシールドと、そのシールドに具合良くフィットして視界を遮りにくい曇り止めフィルム。

曇り止めフィルムの効果自体は絶大で、

「とにかく曇りません」

FOGWIN 汎用ジェット 702の記事がこちら

知人などからも

「それ、ええやんけ」

という高評価w

SWANSのシールドとFOGWIN汎用ジェット702との相性は?一ヶ月経過レビュー

ここ一ヶ月、この組み合わせで何度か雨も浴びていますので、その時の実際の感想です。

ちなみに、固定するフック3箇所のうち、中央のフックはシールドが一番下がった状態で取り付できる状態でボンドで動かないように固定しちゃいました。下げた状態の方が隙間は減るので。シールドのグラつき対策にもなりますし。

SWANSのシールドにWINS JAPAN のFOGWIN 汎用ジェット702というサイズのものを貼り付けた状態がこちらです。

「貼り付けられている部分が曇らなくなります」

結構、見える範囲狭いんじゃない?

と思われがちなんですが、

シールドの内側から撮影してみたものですが、

「上部はヘルメットとの境目あたりに貼り付けてあり、上部は見える範囲内は曇りません」

下に関しては、ジェットというヘルメットの構造上、視野は広いですから問題ないと思います。

また、

曇り止めフィルムを貼り付けた左右の状態ですが、

ヘルメットの若干外側までカバーしてくれるので、左右に対しても全くと言っていいほど問題はありません。

ちなみに、

ジェットに良くある、シールドとヘルメットの上部の隙間からの水滴などの落下

ですが、

TT&CO. 500-TXとスワンズのシールドの組み合わせですと、

ヘルメットの縁のゴム部分とシールドが接触する部分があるくらいフィットしていますので、雨などでも上部から垂れてくる水滴などはかなり少ないです。

若干垂れてくる水滴はFOGWINに沿って左右に流れていくようです。

おかげで内側に貼り付けているFOGWIN側が水滴で汚れたことはありませんし、水滴が落ちてきて邪魔だなー。と思ったことすら一度もありません。

シールドの長さも絶妙で、シールドの顎先からカッパの首に雨が入ってくることもほぼありませんでした。(これはレインウェアの種類にも依存しますが・・・)

メリット満載ですが、若干のデメリットと言えるところ

夜間など、若干光を乱反射するシチュエーションがあります。夜の対向車の光がシールド内でギラついているような。シールドのせいというよりもどちらかというとFOGWINの影響でこの症状が出ているような感じです。フルフェイスのFOGWINでも同じような乱反射を感じることがありますので・・・

ただ、我慢できるレベルではありますので問題は無いといえば無いんですが、気になる人はいるかもしれません。

ただ、

乱反射よりはるかに曇りの方がイヤ!!!

曇らないという方が、自分の中でははるかに優先順位が上になりますので、我慢するとかしないとかという問題ではありません。曇ってしまうのは我慢というかそのままの状態では運転できませんからね。

まとめ

500-TXはかなり人気のあるヘルメットだと思いますが、組み合わせ次第では見た目だけでなく、実用性も跳ね上がります。

500-TXだと他の人とカブることもあるんですが、そこにシールドつけている人って少数派というか、近場ではみたことがないので、その辺りもお気に入りになっている大きなポイントの一つです。

また、雨はもちろんこれからの時期、夏場のバグアタック対策にも!

というかこの時期の夜間のサングラスはバグアタッックで辛すぎるので、今の時期はシールド必須です。

先日も絶対デカかった!と思えるヤツがシールドに突撃してきました。

「バンッ!!」

という音とともにどこかに消えて行きましたが・・・

そして、

シールドにさらにFOGWINをつけるとより快適になります。

フルフェイスにも、もちろん曇り止めシートであるFOGWINを付けていますが、汚れてきたな?と感じれば洗えば綺麗になるし再利用もできます。

ピンロックシートに代表される曇り止めフィルム系のアイテムは一度使い始めるとやめられない・・・

そんな感じのアイテムです。

精神的にも安全運転の観点からも500-TXにシールド、そしてFOGWINを付けてみるのはどうでしょう?

見た目は思った以上にしっくりきてますよ。

スポンサーリンク
関連記事