東ドイツ軍 レインカモのミリタリーバッグをサイドバッグに流用大作戦 前編

ゴールデンウィーク前にとりあえずバルカンに何らかの収納できる装備を付けておこうと色々と企んでいたんですが、

Amazonマーケットプレイスで流行している、

詐欺っぽく、あからさまに安く販売なシートバッグに手を出してみたんですが、やっぱり詐欺でしたw

アマゾンで流行している詐欺商品購入記録 前編

詐欺か?Amazonマーケットプレイスであまりにも安すぎる怪しいシートバッグを買ってみた!前編
詐欺か?Amazonマーケットプレイスであまりにも安すぎる怪しいシートバッグを買ってみた!前編
ふと、Amazonでシートバッグかサドルバッグで安めのモノがないかな〜?と探していたところ、 「何か不自然に安い価格で販売されているシ...

アマゾンで流行している詐欺商品購入記録 後編

詐欺だ!Amazonマーケットプレイスであまりにも安すぎる怪しいシートバッグを買ってみた!後編
詐欺だ!Amazonマーケットプレイスであまりにも安すぎる怪しいシートバッグを買ってみた!後編
先日、Amazonマーケットプレイスで安すぎて怪しすぎるシートバッグを購入してみたんです。 不自然な安さで販売されていたシートバッグを...

と言うわけで、安くシートバッグを購入することはできませんでしたので、別候補として考えていた商品に手を出すことにしました。

自分の中でとりあえず収納として機能するものに上限5000円と決めて探してみたんですが、ズバリな商品が見つかったのでポチリマス。

またまたAmazonですが、今回はAmazon発送の商品です。

購入したものはサイドバッグそのものの商品ではなく流用です。

バルカンが若干ミリタリー調なタンク塗装にしてあるためにサイドバッグもミリタリー調にしてみることにしました。

購入したのは、アマゾンで

東ドイツ軍 レインカモ コンバットバッグ デッドストック

購入時点での金額は1200円程度のモノです。

おそらく付けっ放しにするつもりなので、ダメになってもすんなり諦めることができる価格帯です。

スポンサーリンク

ミリタリーなサイドバッグ候補が到着したので開封してみた。

同時に、サイドバッグのサポート左側のみ購入しておきました。サイドバッグよりもこちらの方が高くついてしまいましたが、サイドバッグ、サポート2点でも5000円未満で済んでいます。

サポートは車両に取り付けの際に合わせてみるとして、ミリタリーなサイドバッグとして活用できるかどうか?コンバットバッグとやらを開封してみました。

開封してある程度形を作った状態です。生地は思っていた以上にしっかりしていてバイクの走行風でも大丈夫そうな硬さ、厚みがあります。

リュックとして背負えるように取り外せるハーネスがついていますが、サイドバッグとして使うので外してしまって永遠にさようならです。

と言うか、これをうまく活用して車両に取り付けしてみたいと思います。

東ドイツのコンバットバッグのサイズ感は?

まず、上部に何かを固定するベルトが1本ついていました。これも外します。

そして上部にはリュックとして固定するための金具がついているので、ここをサイドバッグの固定として活用します。

さらに、左右にベルトが1本ずつ。そこにベルトループが一つずつ。

大体の横幅、縦幅は30cm程度です。それほど大きくもないですが小さすぎることもない。

底部分には固定に使えそうな金具が左右2個ずつ。とりあえずサイドバッグとしてどうにか固定はできそうな感じです。

厚みはおおよそ15cm程度でまぁこれ以上大きくても邪魔になるのでちょうどいい感じ。

と言うか

左右やら底やら上やらいたるところに固定できそうな金具がついているので、バイクの固定方法には困らなさそうです。

中身空っぽの状態で立ててみても自立できるくらい生地はしっかりしていますので1200円にしてはかなり頑張れそうな雰囲気です。

コンバットバッグの中は?

いや、実はこれが一番びっくりしたんですが、

「どんな雨でも大丈夫っぽいですw」

と言うのも、

上部のカバーを開けたところなんですが、コットン生地のように見えて裏はビニールと言うかナイロンというか雨平気っぽいやつです。

で、さらに驚いたのは、

内側の留め具を外した下にもう一つ雨よけが入っており、その中に・・・

引っ張り出すと濡れないようにナイロンの袋部分が出てきます。

実際に上からみてみると、

完全防備で濡れる気配は全くありません。

予想外です!!!

雨でもなんでも付けっ放しOK確定ではないでしょうかw

引っ張り出したナイロン部分をそのままに横にしてみたのが下の画像です。

この状態で中に荷物を入れてナイロン部分を折りたたんで、さらに内側のフラップ的なカバーを止めて最後に外側のカバーを留めるという感じですね・・・

予想外なことに雨に対しては完全防備ですね。

バイク用のサイドバッグとしてはかなりいい感じかも・・・

とりあえず、

ナイロンの匂いがきついので何日かハンガーで室内干ししておくことにします。

片側だけサイドバッグサポートを購入済ですので、うまく取り付けできることを祈ります。

今回購入したのは・・・

この2点と、

あと実はフェンダーにネットを固定できるように荷掛けフックを買ってみてあります。

POSHのマシニングネットアンカーとかいうやつで、狙っていたものというわけではなく在庫があり、到着が早かった。という単純な理由です。

まとめ

ひとまず手元にサイドバッグとしてつけられる材料は揃いました。

あとは、ホームセンターに駆け込んでボルト類の調達と、車両に取り付けた後の固定方法を考えて取り付ければ完了です。

東ドイツなコンバットバッグもサイズ的には特別大きくもなさそうなので、割と簡単に取り付けられるんじゃないかなー?と思っています。

気がかりなのは・・・

USエアフォース的なタンク塗装にしているのに

そこに東ドイツなコンバットバッグという組み合わせもよく考えてみれば・・・なんか変なのかな・・・w

アメリカと東ドイツが同盟かΣ

ま、気にしない・・・

東ドイツなサイドバッグの取付は後編にて。

スポンサーリンク
関連記事