バルカンの自動車税の支払い時期がやってきた!

そういえば、バルカンの登録は何を思ったか3月中にやってしまったんです。

税金のこともあったので、色々悩んでいたんですが

自動車税を気にする時期でバルカンの登録に悩む
自動車税を気にする時期でバルカンの登録に悩む
先月あたりから次期通勤号を探していました。 探しているのは400ccクラスで値段の高くないもの。で、初期型近辺のドラッグスター(4TR...

前通勤号のTW225は3月中に抹消したのでTW225の自動車税の支払い義務は発生しないようにしてあったので、どうせ1台分だしいいかなー。

と最終的には軽いノリで3月登録しちゃったんです。

「4月2日以降に登録しておけばよかったw」

郵送されてきた払込票を見てしまったらやっぱり思いました。。。

CX-5の45000円に比べるとまだ安いんですが、6000円といえば、税制改定前の軽自動車並の税金ですね。

スポンサーリンク

バルカンの軽自動車税は6000円

高いと見るか、安いと見るかは人それぞれですが、28年以前の値上がり前のことを考えると現在の6000円という価格はとっても高く感じますw

現在の税金体系といえば・・・

軽自動車税一覧 
区分 排気量 運転免許 重量税 軽自動車税 車検
原動機付自転車
(第一種)
50cc以下 小型特殊以外の
すべての免許
0円 2,000円 不要
原動機付自転車
(第二種)
50~90cc 小型限定普通二輪
91~125cc 2,400円
二輪の軽自動車 126~250cc 普通二輪 4,900円 3,600円
二輪の小型自動車 251~400cc 6,000円
401cc以上 大型二輪 年1,900円
(登録後12年まで)
年2,200円
(登録後13~17年)
年2,500円
(登録後18年以上)

引用元 GooBike”

前のTWの126cc~250CCのクラスですら3600円になっています。

原付なんて1000円/台なイメージだったのに2000円

ですから足代わりの原付にしては高いですよね。

バルカンというか251cc〜は何ccになろうが同じ金額なんで割高感をどうしても感じてしまうんですよね・・・

仮に300ccであろうが、1000cc〜であろうが6000円。

ん〜・・・

排気量251cc〜は同じ金額

排気量が上がるにつれて軽自動車税も高くなっていくんですが、251cc以上に関しては6000円ということでいくら排気量が上がろうと変化はありません。300ccだろうが2000ccだろうが一律です。

400ccクラスより大型に人気が集中する原因のひとつ

最近の

400ccクラスよりもやっぱり大型

というような人気の流れの原因の一つでしょうね・・・

251cc以上になると車検が必要、軽自動車税とかで考えても同じ金額。

「車検、税金の費用が変わらないんだったら大型の方がいいよね」

まぁこんなところです。

で、さらに車検が不要で軽自動車税の面でも

「250cc未満」

の方が安く済むので、ただでさえ少ないバイク乗り人口の中でも人気が集中しちゃっているというわけです。

おかげで、

  • 250cc超えたら車検が必要だから250で十分さー
  • 大型に比べて400ccって維持費も対して変わらないし、メリット少ないよねー
  • やっぱハーレーじゃない?

とかいう流れでバルカンが安く手に入ったわけで・・・

整備も含めた維持費で考えるとやはり大型に比べれば400ccの方がお財布には優しいし、ハーレーに比べると国産で部品の値段、入手性も良いわけで・・・

400なバルカンとはいえ、

高速でも250ccに比べると楽ではあるし、大型並なサイズ感もあるし・・

言い訳ならいくらでも挙げられますが、

「正直言うと、いくら使っても良いなら大型乗ってます・・・・・・・」

さっさと支払いを済ませて税金のことは忘れよw

税金の支払い義務の発生するタイミング

バイクの税金=軽自動車税

には支払い義務が発生するタイミングというものが存在します。

例えば、

大学に入学して原付で通勤しなくては行けなくなった。

というシチュエーションで考えてみると、

A:大学に合格して3月中に原付を買った。

B:入学式が終わり、通学を始めるタイミングの4月上旬で原付を買った。

この場合、

Aには税金の支払い義務が発生し、Bにはその年度の支払い義務は発生しません。

4月1日の段階で支払い義務が発生します

原付〜軽自動車までは市町村税に該当し、税金の管轄が各市町村になります。

税金には月割という概念はなく、100か0か。掛かるか?掛からないか?という判断基準しかありません。

4月1日に登録されていれば税金の支払い義務は発生し、4月2日の登録であればその年度の支払い義務は発生しません。

逆に

廃車という点から考えても

仮に4月2日に廃車にした。

としても4月1日の段階ですでに支払い義務が発生していますから、いくら廃車にしてあろうが税金の払込票は到着しちゃいます。

購入(登録)、売却(抹消)のタイミングはしっかり考えてあげないとモッタイナイですよ。

ちなみに

登録車(いわゆる普通車)は県税です。

普通車は100か0かという判断ではなく何ヶ月使ったか?を判断してくれて月割計算してくれます。

4月1日の状況で満額の税金の支払い通知が届きますが、

仮に4月2日に廃車にしたというレアな場合でも

「満額支払いした後、月割計算されて後日返金されます。」

時期によっては

払込票を無視し続けて、さらには督促状も無視し続けていると正確に月割された払込票が届くので、それを待つという荒業もありますが、

あまり綺麗な方法ではありませんのでオススメはできません。

まとめ

バイクを売る時、買う時。こういった税金の面もしっかり考えておかないとちょっとした金額ですが、損をしたような気になってしまうので注意が必要です。

特に売却時ですね。。。

税金の支払い義務などは登録証、車検証を判断基準としていますので、

いくら売却したタイミングが3月中だったとしても4月1日の段階で車検証上の記載がそのままだったりしたら・・・想像している通りになりますw

特に3月などの売買に関しては税金の面をしっかり確認しておかないとモッタイナイ。

買取業者さん「廃車、名義変更は間に合わないんですが、税金相当額は当社で負担します」

というようなパターンもあり得るので・・・

時期に応じて税金もそうですが、

売買時には

整備、保証内容をしっかり確認しておいて納得して売買しないとトラブルの元ですねー。

スポンサーリンク
関連記事