スポンサーリンク

アイコスにG-Shockっぽい耐衝撃ケースをつけてみた

iPhoneでも落下→ガラス破損の経験があります。

それ以降iPhoneにも耐衝撃と謳われているケースを使用することにしています。

外国の方のセンスは

「デカさ=正義」

という部分がありますが、

日本人のセンスでいうと、

「コンパクトさ=正義」

という感じになります。

VAIOの薄さ VS ThinkPadの質実剛健さ

というようなイメージでしょうか・・・

iPhoneでも最初はケース無しが正しい使い方だ!

とか勝手に思っていましたが、

落として割れてしまっては元も子もありません。。。

で、

先日購入したアイコスも絶対落とす自信があったので、落としても大丈夫なケースを探してつけておくことにしました。

Fantastick EXTREME PROTECTOR for iQOS

ネットでアイコスのケースを調べていると、本体、ヒートスティックを一緒に収納するようなタイプとかが多く、

「頑丈、タフ」

がキーワードになりそうなケースというのはあまり見当たりませんでした。

で、結局見つけて購入したのがこちら

Fantastick EXTREME PROTECTOR for iQOS

という商品

何色かカラーはあるようですが、汚れてもわかりにくい黒をチョイスしました。

フルカバーで一体型。蓋をオープンさせる時も全く問題無し。

かつ、シリコン素材のために弾力性がありiPhoneで言う所のSpigenかUAGのようなまるでG-shockのような作りのため落下した際のダメージの軽減には期待できる形状です。

蓋部分にのみ、両面テープを貼り付ける必要がありましたが、

ケースに入れたまま

  • 開閉可能
  • 充電のインジケーターの確認も問題無し
  • MicroUSBにそのままアクセス可能

という感じのアイテムです。

外観

早速取り付けた外観はというと、

ぱっと見、アイコスじゃなくなっちゃいました。何か防水のケースに見えたりしますが、防水機能はありませんので・・・

もちろんゴツさはアップします。

ここは日本人的感覚のコンパクトさ=正義という概念は捨て去っていますので、タフさ=正義です。

左右にも、底にもシリコンで作られた耐衝撃用の出っ張りがありますので落下時のダメージはかなり軽減できそうです。

実際、

初使用の日に3回ほど落としてしまいましたが、もちろんノーダメージでした。

操作部

操作性ですが、もちろんケースに入れたままで開閉はもちろんのこと、電源のオンオフ、インジケーターの確認も問題なく可能です。

割と精度よく作られているっぽくてインジケーターもはっきりと確認することができました。

開閉時にも蓋部分のカバーを外す。

などといったことは不要ですので、シンプルに使えます。

開閉した部分です。

もちろん蓋部分もきっちりとカバーされ、カバー部分は付属の両面テープで固定されていますので抜けたりすることもありません。

フィット感もピタッと収まっているところに好感が持てますね。

アイコスの素の本体には一切触れることがなくなるといった感じです。

開閉した際の反対側はジャバラ状になっており伸縮して開閉時の動きの妨げにならない構造になっているようです。

隠さないでこの部分のみ本体を見せることもできたんでしょうが、全てをカバーしている点で得点アップですね。

もちろん底部のMicroUSBにも外すことなくアクセス可能です。

底から見ると、

シリコンで作られている耐衝撃用の部分の大きさが目立ちますが、かなりタフさが前面に押し出されていていい感じです。

そこの部分を横からみたところですが、

底に2箇所、底の角にそれぞれ耐衝撃として作用する部分が作られています。

強そうです

弱くなりがちな開閉部分ですが、

蓋の上側に大きな出っ張りが一つ。

開閉ボタンの部分にも大きな出っ張りが一つ。

これくらい頑丈に守られている方がいいですね。

大抵、

こういったものが落下する際には角から。というパターンが多いので底に比べて蓋の部分の強度がちょっと落ちるのかなー?とも思いましたが、出っ張りのない部分のシリコンの厚みでも2mm程度はありますので、まず大丈夫でしょう。

インジケーター部分にも耐衝撃用に補強がされておりインジケーター部分に何か直撃するといった可能性は低そうです。

反対側は・・・

ヒンジ部分の出っ張りと無かったらもっとシンプルでよかったのになー。。と思えるブランドロゴの部分に補強がされています。

このような感じで全面360°カバーされていますので、自分にぴったりなアイテムでした。

あと、自分の場合にはポケットに雑に入れちゃいますので使いませんが、ヒンジ部分にストラップホールが開けられているので、何かヒモなどを通して置くことも可能なようです。

弱点は?

Fantastick EXTREME PROTECTOR for iQOS

というタフなケースですので、万人にオススメできるアイテムではありません。

デカくなりますw

アイコス本体のスリムさは失われ、全体的にふた回りくらい大きくなるような印象になると思います。

ただ、

落としても大丈夫なこと!

を前提として選んでいるケースです。

大きくなってしまうのは当たり前のことなので、大きくなってしまうことに抵抗がある方は避けた方がいいかと思います・・・

あとは素材がシリコンなためにホコリを吸着しやすいかなー?

まとめ

すでに何度もアイコスを落下させていますが、このケースのおかげで今のところノーダメージです。

タフなケースのありがたみをすでに感じまくっているところです。

自分は無難に黒をチョイスしましたが、

他にもレッド、ネイビー、カーキなどもあり、

さらになんとなくシャア専用をイメージさせるようなラインの入ったデザインのケースもあるみたいです。

壊れないタフさはやっぱりいいですねー。

タフさ・・・

は最高にいいんですが、アイコスってどうやって持って吸うのが正解なんでしょうか?どうやって持ってもしっくり来ないので困っているところなんですがw

スポンサーリンク
関連記事