スポンサーリンク

短距離ばかりでかぶり気味だったバルカンで浜の宮ビーチへ

ブレーキ周りの心配事が無くなったバルカンですが、最近は少しかぶり気味。

信号待ちからのスタート時に失火したり、帰宅前にエンジンを始動してみるとリアが最初点火せずに生ガスがマフラーから出てみたり。

近所の子供とうちの子供がバルカンに乗っかってアクセル回して遊んでるからかな・・・w

もちろん通勤で短距離ばかりなことが多いので、どうしてもかぶり傾向になっちゃいます。

少し早めに仕事が終わったので、

仕事終わりに数十kmほど走ってから帰ることにしました。

仕事終わりにふらっと浜の宮ビーチへ

向かった先は、先日の雑賀崎より少し足を伸ばした和歌山マリーナシティの近くの浜の宮ビーチ。

出発したのが6時ごろということもあり、なかなかのサンセットでした。

後ろに見える橋を超えた所がちょうど和歌山マリーナシティ。

浜の宮ビーチというと休日にはウィンドサーフィンな人たちで溢れているスポットなんですが、さすがに平日の夕方ということもあり近所の人の犬の散歩姿程度しか見当たりませんw

ちょっとバルカンを降りてビーチを散歩してから帰ることに。

仕事場〜浜の宮ビーチ〜自宅でおよそ30km〜40km程度の走行です。短距離ばかりでかぶり傾向だったプラグも少しはマシになってくれるはず。

ビーサンでも持ってきていればのんびりできていいんですが、さすがに靴で砂浜を歩くってのもちょっとあれなんで、そこそこにして帰ってきました。

プラグの確認

仕事帰りにある程度距離を走っておいたので、念のために夜にプラグの状態だけ確認をしておくことにしました。

フューエルワンを入れ終わり、プラグも新品に変えてあります。

プラグ交換してからの走行距離は1000km程度といったところでまだまだ頑張ってもらわないといけませんw

少し距離を走ったので、帰ってきてからプラグを念のために確認しておくことにしました。

リアはシートを外すだけだからいいとしてフロントがもう少し作業性良ければなー。

と思います。

とりあえずリアがかぶり傾向、最初はリアのみ確認しておくつもりにしていたので、

車載工具のプラグレンチではなく、長年愛用しているsnaponのスピナーハンドルとプラグソケット、メーカー不明なエクステンションの組み合わせです。

使えるのなら、車載工具ではなくしっかりとした道具の方が使い勝手はもちろんいいですからね。

プラグコードを抜いて・・・

ささっとプラグを外していきます。

それなりに距離を走った直後なのでプラグも大丈夫そうですね。

念のために、パーツクリーナーで洗浄してから元どおりにプラグをつけておきます。

パーツクリーナーで洗浄後・・・

磨いたわけではないので対して変わらないですねw

まぁ、確認するだけのつもりだったので。

・・・

・・・・

・・・・・

やっぱりフロントも見ておこう。

ということで結局フロントも外して見ておくことにしました。

さっきまで使っていた

スピナーハンドルとプラグレンチはフロントには入りません。これを使おうとするとタンクを下ろさないと使えないので、ここは純正車載工具のプラグレンチの出番です。

車載工具を出すのはいいんですが、スペースに戻して鍵を閉めるという作業が憂鬱になっちゃうんですよね。これ。

いっそのこと車載工具のプラグレンチだけもう一つ入手しようかしら?

んで、

ささっとフロントのプラグを確認してみると、

もともとフロント側は大丈夫だったので心配は全くしていなかったんですが、

もちろん問題なしです。

もしかしたら今日の夕方のリアプラグがカブっていたのは誰か駐輪場でアクセル回したんじゃないだろうか・・・とか思えてきました。

「隣に自転車を停めるためにバルカンのハンドルを持ってたら回してしまった」

とかそんな感じ?w

今の職場の駐輪場はそんな環境なのでありえる話ですw

どちらにしろ前後ともに大丈夫な状態になったのでまたかぶり気味になったらふらっと仕事帰りに足を伸ばして帰るのもいいのかなー。

寒くない季節って素晴らしいw

まとめ

春〜夏ですら、短距離通勤メインで使っているとバルカンはかぶり傾向になっちゃうんですね・・・

冬になったらと思うと少し心配w

しっかりアイドリングをしたりするしかないのかなー・・・・

通勤距離が通勤距離なんでエンジンが温まりきる前に到着する可能性大。

冬のみプラグをCR7EからCR6Eに変えてみるのもいいかも。

スポンサーリンク
関連記事