バルカンにシガーソケットとUSBの電源をつけるかどうか迷い中

先日購入してあるものの中に、

【ノーブランド品】

バイク用充電USB充電端子付き12Vシガーソケット電源 WHSTW0033 [並行輸入品]

 

こんなものも混じっています。

ふとした時に

USBがあれば・・・

「iPhoneを充電できる」

「アイコスも充電できる」

「冬には汎用の簡易なグリップヒーターも接続できたり」

とか思って便利かも。

という感じでふと気づくと一緒に購入してあったわけです。

スポンサーリンク

バイク用充電USB充電端子付き12Vシガーソケット電源

購入したものをとりあえず開封して中身を確認してみました。

右上がシガーソケット、USB電源の本体、左上が予備ヒューズとUSBの防水のアタッチメント。

下左がハンドルアダプター、右が両面テープで直貼りするためのステー。

こんな感じの構成でした。値段も安く数百円。しばらく使えれば問題ないのかな?

ハンドル固定用のアダプターにはサイズ調整用にゴムが3セット準備されており、試しにバルカンのインチハンドルに装着してみたところ、ゴム2枚で綺麗に固定できる感じ。

固定具合もぐらつくことなく固定できそう。

予備のヒューズ2個とUSBの配線用の防水アダプターも2個付いてくるという親切パッケージングです。

どこか名前は伏せますが、完全なコピーかOEM商品ですね。

配線長は1.5mありシート下のバッテリーからリレーを介して電源を取ったとしても長さ的には全く問題ありません。

真ん中に見えるヒューズボックスも付いていて設計上は抜かりなく作れらている感じです。

さて、

肝心のソケット部分です。

シガーソケット部分、USBソケット部分共に防水キャップが付属しているために、付ける向きさえ考えてあげれば大丈夫そうな作りをしています。

かパッとはまっている防水キャップを外してあげるとUSBアダプター部分が露出します。

この辺りの構造は中をみていないのでなんとも言えませんが、

5V 最大電流:2.1A

というカタログ上の数値ではあります。付けてみてチェックしてみないとこればかりは判断できません。

反対側のシガーソケット部分の防水キャップを外してみて中を見てみました。

「ここはさすがに安物感w」

通電させるだけといった感じですね。固定もシガーソケット本体頼みという感じでモノによってはガタガタですぐ抜けるかも。

つけようかと考えているハンドルのスペースは、

正面から確認すると、

  • ハンドルポストの左右の上側か下側
  • ハンドルポストとハンドルポストの間

このくらいしかスペースがありません。

ハンドル幅は680mm・・・

実用性を取るならば、付けてもいい。

ただ、

どの頻度で使うの?

ってことになってしまうのは明白。

付けることによって、

「明らかにソケットとわかる大きな黒いプラスチックの異物がハンドルに付いてしまう。」

ハンドルに付けずに右下の収納ボックス内に設置したら?

「利便性が激しく落ちる」

これ買ってみたものの、

付けるかどうか本当に迷ってしまっています。

少し考えているのはベーツライト裏のスペースに置いてみよう。

とか考えたりもしていますが、使う頻度と見た目の天秤が・・・

わざと目立つようにハンドル上部に仮止めしてみたところ・・・

何か違和感ですね。

カウルもなければスクリーンもないので誤魔化しきれませんw

やたらでかいETCのアンテナみたい・・・w

これはちょっと・・・困ったw

まとめ

現在考えているアイデアは・・・

  • 電源はバッテリーからリレーを介して取り出す。
  • 付けるとしたらやはりハンドル周り
  • 付けずに保管しておく(え

仮に付けるとしたら、

現在考えている第一候補のアイデアは、

バッテリー〜ハンドル近辺まで配線を通しておき、そこで配線をカットしておく。

カットした配線はカプラーを接続して、必要な場合にのみカプラーで接続してハンドルに電源を付けられるようにしておく。

そして普段使わない電源部分はサイドバッグに収納。

こんな感じが限界ですかねぇ・・・

USB単体だけのアダプターでもっと小型のタイプを選べば付けっぱなしでもいいのかな・・・

衝動買いせずにちょっと考えてから買えばいいのにっていつも思います。。。

スポンサーリンク