クルーザータイプのバイク通勤で雨の日に困るところ

先代通勤号はTW225でした。スカチューンで雨の日の通勤の際には気をつけないといけない箇所がいっぱいw

スカチューンなTWで雨の日に絶対濡れる箇所
スカチューンなTWで雨の日に絶対濡れる箇所
雨くらいどうにでもなる。 訳でもありません。スカチューンを施されたTWならなおさら雨、雨降り後の走行には気を使います。 「走行で...

現在はバルカンで通勤しています。

雨の日のことを考えてエアクリーナーボックスはノーマルを使っているために、アイドリングが不安定になったり始動困難になるというようなことはありませんが、大きさと車重が雨の日には普段以上に気になります。

スポンサーリンク

クルーザータイプのバルカンで雨の日に気をつけている箇所

普段は通勤の足に、時には100km程度の移動の足に使うことの多いバルカンです。動かさない日が続くことはそうそうありません。

晴れの日はもちろん雨を理由に乗らないという選択をすることはありません。

クルーザータイプのバルカンで雨の日に特別気をつけているポイントは?
  • ただでさえカブリやすいエンジンなのでカブらせないように。
  • マフラーの熱でカッパが溶けないように気をつける。

意識している点は上の二つ。

通常時でさえ、アクセル加減一つでカブったりするエンジンですから、雨の日の湿気が多いコンディションなどは普段より少し気をつけてアクセルを操作するようにしています。

「ポスっ」

アクセル加減を間違えると、一発でエンジン止まってしまいますからw

あとはマフラーとカッパのパンツが接触して溶けないように注意を・・・

結構リア側のマフラーとカッパのパンツが軽く接触していることが多くて、溶けるまではいかないものの結構な熱を持っていることがあります。

結構幅を広めにサーモバンデージを巻いているおかげで溶けるまでのことはありませんが、気にせず長時間接触していると溶けちゃうかも。

あと、

濡れたサーモバンデージの熱された蒸気もちょいとやばいですw

クルーザータイプのバイクで濡れやすい部分

前のTWとは乗車姿勢が変わるために、

濡れやすい箇所

汚れやすい箇所

が変わったので、雨の日の運転の際に気をつけないといけない場所にも変化が出ました。

  1. お腹周り
  2. 足元

こんな優先順位でしょうか・・・?

お腹周り

乗車姿勢の影響ですが、お腹周りのレインウェアがダボついている箇所に水がたまってしまい、最悪の場合それが中に浸水しちゃいます。

写真のようにお腹部分がスッキリしていればいいんですが、足を投げ出して手は前に突き出し猫背気味。

少し大きめなレインウェアだとお腹周りの余ったジャケットがダボついてしまってそこにプールのように水たまりができてしまうんですよね。

4月初旬に冬用の雨兼用のウェアで水を溜め込んでしまい、相当量浸水させました・・・

そこで、お腹周りが短めになっていて、パンツの前部分が長めになっているという

ヤマハ、ワイズギアのレインウェアを購入してみてあります。

YAR20 サイバーテックスII ダブルガードコンパクトレインスーツ
YAR20 サイバーテックスII ダブルガードコンパクトレインスーツ
ふと気づいたらアマゾン、YAHOOショッピングで色々注文してしまっていました・・・w アマゾンで2箱 最近ちょくちょく利用するよ...

実際にしっかりとした雨でのテストはまだできていませんが・・・

構造上腹部の浸水はかなり防いでくれるんではないかなー?と期待しています。

生地が薄いので携行用としてサイドバッグに常備させて待機中ですw

足元

お腹周りの次に気になる箇所は足元です。

クルーザータイプのバイクは足を少し前に投げ出すような形で乗車するために、靴とレンウェアのパンツの間に隙間ができてしまい、そこからまず濡れます。

ちょっとした雨の場合は腹部以上にすぐに影響が出てしまいますね。

普段の対策は・・・

雨!

とわかっている場合には

エンジニアブーツ風な雨のバイク通勤用長靴 Phenix Wing
エンジニアブーツ風な雨のバイク通勤用長靴 Phenix Wing
年中バイク通勤をしていて困るのは突然の雨。 突然の雨は服も濡れますが、靴も濡れてしまいます。足が濡れてしまうと一気に体温が奪われてしま...

ブーツで雨対策。

突然の雨の場合には、

付けっぱなしにしてあるサイドバッグの中に

「レインウェア」

「レインブーツカバー」

「その他小物類」

一緒にコンパクトなレインブーツカバーを忍ばせてあるためにこれで対処しています。

結構な頻度で使いますね・・・

靴下と靴が濡れちゃうと致命的ですから・・・w

あとはありがちな首から。

といったところです。

ソファーに座るような態勢になるので、一般的な前傾姿勢なバイクよりも首元に走行風が入り込みやすく、それに合わせて雨も入り込みやすいようです。

ワイズギアのレインウェアは

首部分にさらに雨対策として

ネックダブルガード

という機能があって、要するに首部分に少し高さを持たせることができる形状になっているので少しは首元の雨対策になっているようです。

普段使っている

「ワークマンのバイカーズ」

だと、

こっちは防水生地を使ったネックゲイターが付属しているので、こちらも普通以上に対策されていますので問題ありません。

首元、素材強度はバイカーズの方が優れているのですが、腹部の形状のみワイズギアのレインウェアの構造がいいかな・・・?

複数持っているカッパの使い分け

カッパなんだかんだで3着持ってますが、一着ばかりを着用することはなくてローテーションして使っています。

ワークマンのバイカーズ、ワイズギアYAR20、ドンキホーテの安物カッパ

上記3着です。

ワイズギアのYAR20はかなりコンパクトになるためにサイドバッグに常備させる形。生地も一番薄くできているので収納用としては一番です。

残り2着を順番に着るような感じですね。

ワークマンのバイカーズと、

ドンキの安物カッパ

バイカーズは長時間でも問題ありませんが、ドンキのカッパはバイク用ではないのでファスナーもむき出し、防水ファスナーではありません。通勤程度であれば問題ありませんが、長時間になるとファスナー部分、素材にも浸水がみられるために上限30分程度・・・でしょうかw

大雨であっても10~20分程度であればなんとか耐えてくれています。

ただし、

安物と言うある意味ダメになっても気にならない安心感は半端ないです。

まとめ

雨の日には乗らない!

と言う選択肢はゼロなために、自分にも、バイクにも

「雨対策」

は必要になります。

自分への対策はカッパで問題ないんですが、

バイクへの雨対策

と言う形でノーマル形状をかなり残していますので、前のTWと比較すると雨には強くなっているために心配する頻度は減りました。

見た目で行くと、

フラットフェンダー、スポーツスタータンクあたりを付けてシュッとスリムな感じのバルカンに仕上げたいんですけどねぇ・・・

吸気系、ハーネスなどの電気配線系が心配になるのでどうしても手が出せませんw

スポンサーリンク