スポンサーリンク

iPhoneをdocomoからMVNOのIIJmio(みおふぉん)へMNP(番号ポータビリティ)してみる

長らくdocomoを使っていました。

2年ほど前にMNPつまり番号ポータビリティによって携帯電話のキャリアを変更することで商品券をもらったり通信費が著しく抑えることができたり。社会現象になっていた感があります。

それがお国の行政指導により

「一括0円」

で携帯電話を販売することがダメになり、エンドユーザーとしては逆にメリットが減ったように感じます。

MNP一括0円を規制することで既存ユーザーへの負担を減らすとか通信費を安くするとか、いいようなことをお国は言っていたような気がするんですが、どこに言ったんでしょう・・・その勢いw

現在は単純に一括0円を規制するのみで、携帯キャリアさんの販売の足枷にしかなっていないような。。。

7,8月がdocomoの更新月のためMNPでの移動を画策してみた

携帯電話はオートマチックに2年契約。

最近は2年契約では無い通常の契約も可能ですが、金額が跳ね上がるために現実問題としては2年契約で携帯電話を維持している方が大多数でしょう。

2年契約の問題点は、

  • 契約更新月以外に解約、MNPしようとすると違約金がかかる

というポイントです。

契約更新月は以前は1ヶ月間のみでしたが、2ヶ月間に延長され、その間にMNPしたり、解約したりする場合には違約金はかかりません。

簡単に契約させてくれる割に辞めるときには大変なんですよね。

で、

2年の更新月に当たる今月来月でどこかにMNPしようと企んでいました。

何せ、現在の契約だと

  • iPhone2台

トータルで6000円ほどで済んでいたんですね。一括0円時代の名残です。

それがMNP、機種変更も何もしなければ一気に携帯代金が倍増しちゃうんです。

「それは嫌だw」

今までの金額が普通な金額になってしまったために、今更一般的な携帯代金を負担する気になりません。

MNPだ!

auに最初に行ってみた

おねーさん「イラッシャイマセー」

自分「MNP考えてるんですが、毎月の維持費はどれくらいですか?」

おねーさん「ちなみに現在の携帯料金はいくらくらいですか?」

自分「2台で6000円くらいです」

おねーさん「・・・」

そりゃそうです。

おねーさん固まったまま考え込んでいました。

自分「同じ金額になるとは思っていないんで、抑えた場合でどれくらいで収まりますか?」

とのやり取りの末

一台で5000円~6000円程度になるだろうという結論を得ました。

docomoで機種変更をしたとしてもsoftbankにMNPしたとしても大差ないでしょう。

そこで

MVNO

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語Mobile Virtual Network Operator, MVNO)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランド携帯電話PHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。通信サービスの提供には移動体通信事業者(MNO)の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者(MVNE)の機能を利用したりする。

なお、総務省による定義では、「MNOの提供する移動通信サービスを利用して、又はMNOと接続して、移動通信サービスを提供する電気通信事業者であって、当該移動通信サービスに係る無線局基地局)を自ら開設しておらず、かつ、運用をしていない者」である[1]

へのMNPを決心することになりました。

格安Simを取り扱うMVNOの中からどこを選ぶか?

ymobileは通信エリアの問題で却下。

ドコモのエリアかauのエリアでなければ片田舎の圏外が多くなりすぎて困ります。

考えていたのは

  • 楽天モバイル
  • IIJmio

この2社

楽天モバイルはなんとなく楽天というところでポイント貯まるんじゃないか?

とか思っていた程度で興味以上のものはありませんでした。

で、

電気屋さんのにーちゃんに

MVNOのキャリアによって安定性や速度が違うという説明を聞いたりしているうちに、

「IIJmio」

にMNPする気満々になっていました。

IIJという通信事業者がMVNOを取り扱っているという安心感ですね。安さを求めてMVNOに移るわけですが、

その中でも少しでも安定してほしい。

そんな感じです。

で、どこでIIJmioは契約するんだ?

とりあえず、公式サイト

に取り扱いをしているという店舗を調べて足を運んで聞いてみたところ

店員「販売しているだけでいまいち内容までは理解していないですね」

・・・

せっかく行ったのに意味ありませんでした。

仕方なく公式サイトを見ていると、

自宅で買えるっぽい

ことがわかり自宅で注文してみることにしました。

公式サイトでもアマゾン、楽天でもsimの申し込みパッケージは販売しているようです。

どうやらパッケージの金額がいわゆる初期費用に当たるようで、公式サイトでは3240円するはずのものがアマゾンやら楽天だと数十円〜数百円で販売されています。

販売店に奨励金でも出るような仕組みなんですかね。これ。

とりあえず

楽天で50円で

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

申し込みパッケージを購入しました。

docomoでMNP番号を取得する

天下のドコモさんの電話番号

「151」

にてMNP番号を発行してもらいます。

これまたやたらと時間のかかる作業で・・・

おねーさんの説明やら番号の発行に15分はかかったかな。

時間はかかったものの

無事にMNP番号を発行してもらうことができました。

嫁さんにもMNP番号を取得しておいてもらって、無事にIIJmioにMNPする準備は整いました。

早速IIJmioにMNP転入する申し込みをしてみる

公式サイトからパッケージ内に記載されているエントリーコードを入力し、MNP番号やら個人情報やら色々入力の末、

無事に申し込みを済ませることができました。

で、問題の支払額ですが、

ファミリーシェアプラン 10GBに10分の通話定額をつけて2台で6000円ほど。。。。

今までのdocomoと変わらんw

まぁ現状考えられる作戦の中では無難な方でしょう。

あとは到着を待ってsimを差し替えて・・・

現在はここですw

docomoと通信速度はどれくらい変わるんだろう・・・

心配になっている点は一点

通信速度

ドコモだと、

数十Mbpsは出ていますから、huluなどで動画を視聴しても全く問題ないレベルです。

以前wimaxを使ってみていた時に

huluなどの動画サイトでは10Mbps程度出ていないと視聴に影響が出るかなー?

と体感しているので、

希望としては、

「お願いですから時間帯によっては10Mbpsくらい出てくださいw」

都市部ではありませんから、数値の参考になる指標を探し出すことができませんでしたので、実際に到着してみて試すしかありません。

 到着してから時間帯で通信速度を比較してみたいと思います。

まとめ

iPhoneをはじめとするスマートフォンが一般的になってから、携帯電話の維持費が跳ね上がっちゃったんですよね。

いわゆるガラケーの時代だとケータイ代なんて2000円とか3000円程度だったし。

普通に買えばそれが3倍。一万円近い負担に。

技術が進歩してるんだから進歩したものをエンドユーザーの負担軽減にも繋げて行ってほしいものです。

お国様も一括0円だけを抹殺するんじゃなく、エンドユーザーである国民のことを考えて施策を考えてw

スポンサーリンク
関連記事