スポンサーリンク

Google Adsenseが30日間停止になったというお話

昨日のことですが、

天下のGoogle様からメールが来ていました。

タイトルは

「Google AdSense アカウントのステータス」

何か申請したっけなー?

と気軽に開いてみると・・・

アドセンスアカウントを30日間一時的に停止します!

という衝撃の内容のメールでした。

自分でわざとクリックしていた記憶なんて一切ありませんよ!!!!

到着したアドセンスアカウント停止のメールは?

平素より AdSense をご利用いただきありがとうございます。

このたび、お客様の AdSense アカウントにおいて不正な操作が検出されました。そのため、お客様の AdSense アカウントを 30 日間一時的に停止いたします。アカウント停止期間中は、お客様のサイトに広告は掲載されません。

アカウントが停止された理由

お客様ご自身による AdSense 広告のクリックが確認されましたが、そのような行為は Adsense プログラム ポリシーにより禁止されております。

不正と判断された行為に関して詳しい情報をご希望かと存じますが、そうした情報は Google 独自の検出システムを迂回するために使用される可能性があるため、関連があると思われるウェブページやユーザーを含む特定のアカウント アクティビティについて、サイト運営者様に情報を提供することはできません。

アカウントの停止は一時的な措置であり、異議を申し立てることはできません。30 日間の停止期間が終了すると、お客様のアカウントへの広告配信が自動的に再開されます。

不正な操作の原因を特定して防止するために時間が必要な場合は、広告が表示されないようサイトから AdSense 広告コードを削除してください。

停止期間中にお客様の AdSense アカウントで他にも問題が見つかった場合は、停止期間の終了前でもアカウントが永久的に無効になることがありますのでご注意ください。アカウントが無効になる理由についてご理解いただくために、アカウントが閉鎖される主な理由も併せてご覧ください。

将来においてお客様のアカウントで不正な操作が検出された場合、追加の措置が講じられ永久的にアカウントが無効になる可能性があります。

アカウント停止による支払いへの影響

お客様のアカウントで正当なトラフィックが発生するようになったら、支払いを受け取れるようになります。

アカウントが停止されると、そのアカウントの未払いの広告収益は凍結され、Google の取り分を含めて、影響を受けた広告主様に返金されます。さらに、お客様のサイトで広告配信を再開してから 30 日間は支払いが保留されます。この間に発生した収益は、お客様のアカウントが良好な状態であれば、次の支払期間に支払われます。

再発を防ぐ方法

問題の原因を突き止めるために、次のリソースをご覧になることをお勧めします。

お客様の広告のトラフィックが Google のガイドラインとポリシーに従ったものとなるように、事前に対策を講じておくことをお勧めします。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。停止期間の終了後、お客様が AdSense ネットワークに良好な状態で戻ってこられることをお待ちしています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Google AdSense チーム

内容をさらっと確認してみると、

要するに

  • 自クリックが確認できましたのでアカウントの一時停止処置をとります。
  • 異議の申し立ては一切受け付けません。
  • 現在の未払い分の報酬は凍結されて支払われません。
  • 30日後に広告の配信は再開されますが、さらに30日間は支払いは保留されます。

こんな感じでした。

自身によるアドセンス広告のクリック

えと、自クリックに対するGoogle様の対応は厳しいということは理解しているので自分でクリックしたりした記憶はありませんw

そりゃ間違えて1度や2度クリックしてしまったりしたことはありますけど・・・

そして、メール内にも記載のあるように

「異議は一切受け付けません」

とあるように、

ウチが黒と判断したんだから黒なんだ!

あんたが白と言おうが関係ない!黒だ!

こんな感じです。大人しく30日経過するのをただただ待つしかありません。

確か記憶では、

Googleアドセンスは

IPアドレス(wikiより転載)

IPアドレスは、IPでネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の番号である。データリンク層のMACアドレスを物理アドレスというのに対応して、論理アドレスとも呼ばれる。IPには、IPv4IPv6とがあり、使用するプロトコルの違いにより、IPv4のIPアドレスとIPv6のIPアドレスとがある。狭義では、当初RFC 791でIPを定義した際に、IPが現在のIPv4に当たるもののみであったことから、単にIPアドレスと呼称した場合にはIPv4のIPアドレスを意味することがある。

IPアドレスは、IPv4では32bit、IPv6では128bitの数値である。この数値のうち、MSB(最上位ビット)に近い側をネットワーク部、LSB(最下位ビット)に近い側をホスト部として区別する。ネットワーク部がネットワークを指定し、ホスト部がそのネットワーク内の機器を指定する。ネットワーク部とホスト部の区別にはサブネットマスクを用いる。

と、

cookie(wikiより転載)

クッキーの最も代表的な用途は、ショッピングサイトにおけるカートやログイン状態の管理である。また、IPアドレスによらないクライアントの識別を可能にするため、ウェブサイト運営者やインターネット広告配信業者などがユーザの詳細なアクセス履歴を取得する用途にも使われる。

クッキーは毎回送られるものであり、またHTTPヘッダの一部なのでASCII文字列になっている必要がある。そのためクッキーでデータを直接扱うよりも、セッションIDを実装する手段として使うことが多い。この場合、実際のデータは、セッションIDをキーとしてサーバが保持することになる。

例えば特定のページの表示回数を、ウェブページ上に表示したいときには、おおむね次のようなやりとりが行われる。

  1. ブラウザがサーバに閲覧を要求する。ここにはクッキーの情報はない。
  2. サーバはブラウザに対し「1」回目というクッキー情報と、「1回目」と表示するようなデータを送信する。
  3. ブラウザがサーバに閲覧を要求する。このときブラウザは、そのサーバから受け取ったクッキーを探して、「1」のクッキー情報をサーバに送信する。
  4. サーバは「1」というクッキー情報に基づき、ブラウザに対し「2」回目というクッキー情報と、「2回目」と表示するようなデータを送信する。

の二つをベースとして自分か一般ユーザーかを判断していたかと思うんですが、

要するに自分と同じIPアドレスからのクリックは自クリックと見なされてしまう訳で。

その二つをベースに何らかのプログラムでクリックの可否を判断しているんだと思うんですが、自分は自分でクリックしていると認識されてしまったようです。

凍結されて支払われることがなくなった損失は?

アドセンスアカウントが停止になってしまった場合には、

未払いの報酬に関しても凍結されて支払われることがなくなってしまうようです。

大規模なサイトを運営されている方でアカウントの停止になんて陥ってしまったらそりゃ大変な騒ぎなんでしょうね・・・

えと、

自分の場合の損失ですが、

約13000円程度の報酬の凍結という形の損失が発生しました。

このサイトを始めた運営目的の一つであった、

「バイク代を全てブログから出せるように頑張ってみよう!」

というところからの損失です。。。

停止が解除された後、思い当たる節がない訳でもないので対策を講じてみたいと思います。

アドセンスアカウント停止に陥った原因として可能性のある一つ

可能性があるとしたらこれだけなんですよね・・・

「子供がiPadを触る機会が頻繁にあること!」

6歳男子がiPadを。

3歳女子が古いiPhoneで。

この二人が毎晩のようにyoutubeやら何か色々やっている訳です。

ブログを書いて表示確認をする際には、

mac,自分のiPhone,6歳男子が使うことの多いiPadで表示を確認しています。

ここで怪しいのがiPad・・・

safariにブックマークしてあるのでブログを表示させるのは簡単な作業です。

6歳のyoutubeやら音声検索、フリックなどipadを使いこなすレベルは相当なもんですから・・・

おそらくこのipadで広告をクリックしたりしていたんだと思います。

おそらくそれが原因で自クリックとして引っかかったのかなと・・・

今後のアドセンス対策としては・・・

もう、それ以外に考えられないので断定して対策を考えているところですが、

iPadを取り上げてしまう。

というのは有りえない選択肢になるので、却下・・・

「サファリは使うな!」、「このアプリは触っちゃダメ!」

という風に伝えたとしてもクリックする可能性がなくなる訳では有りません。

iPadで表示の確認をしないようにするしかないw

たどり着いた結論はいたってシンプルなもの。

サファリのブックーマークを消してしまい、履歴からも消去。一切の痕跡を消しておきます。

念のためにクッキーなどを消去しておいて・・・

今後の表示サイズの確認は、iPhoneとブラウザ側でPC表示、タブレット表示を二つチェックする。

という形でiPadを使わないようにすることにしました。

とはいえ・・・

30日間の停止、さらに支払い留保が30日

実際に支払い最低ラインの8000円を超えて支払いがくるのは何ヶ月先になるんだろ・・・w

タダで転ぶわけにはいかないので楽天モーションウィジェットを試験的に貼り付けてみます

アドセンスは30日間の停止となりました。

アドセンスの最近の成果はというと、

平均すると毎月5000円程度ありました。

それが停止となっている訳で、ここは試しにアドセンスが貼られていたエリアにそのまま楽天のモーションウィジェットを試験的に停止期間中貼り付けてみたいと思います。

純粋にアドセンスとの比較をしたいので位置などの変更は一切無しです。

効率から行くとどう考えてもアドセンス一択だとは思うんですが、それが使えない現状なのでどうなるのかある意味楽しみでは・・・あります。

まとめ

アドセンスのアカウント停止まで30日w

子供のiPadの使用は通信容量の問題にもなりますが、アドセンスにまで影響を及ぼすとは想定していませんでした。

小さいお子さんがiPadを使っているご家庭の方はご注意をw

あ〜、

13000円あれば夏用のメッシュジャケットくらいは買えたのにな・・・

残念

Google様

おそらくの原因はわかりました。大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

次からはこのようなことが起こらないように注意しますので、今後ともよろしくお願いします・・・

スポンサーリンク
関連記事