アクアクルーズ YAR20 ダブルガードシステム搭載で100kmほど小雨混じりの中を走ってみた

先日のあぶく銭で購入して常時バルカンにつけっぱなしになっているサイドバッグの中に入っていたレインウェア

アクアクルーズシリーズ YAR20

を試してみる機会があったので

100kmほど、自動車専用道路を含めて小雨という判断しにくいコンディションではあったものの走行してみることにしました。

ワークマン バイカーズ編

ワークマン バイカーズで80kmほど走行してみたレビュー!バイク用レインウェア
ワークマン バイカーズで80kmほど走行してみたレビュー!バイク用レインウェア
雨の通勤の際に使用しているワークマン バイカーズを長距離でテストしてみました。 普段は片道約20分ほどの走行のためイマイチ具合がわから...
スポンサーリンク

突然夕立のような雨がザザーッと・・・

京奈和自動車道という自動車専用道路。片側一車線の高速道路と思ってもらえば大丈夫かと。

そうこうしている最中、降りるまであと10kmほどのあたりで雨に降られました。

「今日は雨のつもりしてないからカッパ背負ってないぞ・・・」

一瞬焦ったんですが、

「あ、カッパ一着入れっぱなしw」

ということを思いついたので、安全な場所に停車してカッパを着て走行してみることにしました。

いきなり高速道路的な速度域だけどこのYAR20というカッパは大丈夫なのか?w

と少し心配になりながらも80km程度で10kmほど走行してみました。

結果ですが、

小〜中雨程度の10km程度という距離だけなんですが、高速道路的な走行速度でも問題なく浸水することなく使えました。

「そりゃ新品だもの当たり前」

な感じもするんですが・・・

ヤマハのアクアクルーズシリーズというレインウェアの良いところ、悪いところが少し見えましたので書き残しておきます。

そのあと下道含めてトータルで100kmほど走破しましたが雨で衣類が濡れることはひとまずありませんでした。

アクアクルーズシリーズ全般のダブルガードシステムについて

下記が公式サイトより転載したもの。

首、腹部、手首を2重にして雨を防ごうよ。

という感じの機能です。

クルーザータイプなバルカンだと首元、腹部が特に雨に弱いのでそこを重点的に防げるって素晴らしい!

そんな気がします。

ヤマハ レインウェア

レインウエア
AQUA CRUISE ダブルガードシステム搭載 アクアクルーズシリーズ
ネックダブルガード
スリーブダブルガード
ウエストダブルガード

アクアクルーズ 製品ラインナップ

  • YAR16 ヤマハレーシングレインスーツ
  • YAR28 サイバーテックスIII ダブルガードレインスーツ
  • YAR18 サイバーテックスIII ダブルガードレインスーツ
  • YAR19 サイバーテックスII ダブルガードレインスーツ
  • YAR20 ダブルガードコンパクトレインスーツ
  • YAR25 サイバーテックスII レインパンツ
レインスーツ レビュー
色々生地やスペックなどでモデルが複数あるんですが、自分が所有しているのは、
「YAR20」
という一番価格の安いモデル。
これを買ったのには訳があって、
  • 生地が薄くてコンパクトで常時携帯しておけるもの
  • クルーザータイプなので前部が短くなってるって素晴らしいかも
  • ネックダブルガードってどうだろう

こんな感じでアクアクルーズというレインウェアのシリーズの中から選ぶ!

と決めた訳なんですが、

調べていくと生地が一番薄そうだったのはその中でも一番下のモデルのYAR20ぽかった。

さらに

ダブルガードという機能がついていてモデルが廃盤ということで型落ち特価で販売されていたという理由でYAR20になった訳です。

ちなみに、

常時携帯しておきたい薄手のカッパという意味合いなので耐久性に関してはそこまで求めていません。

アクアクルーズシリーズのダブルガードシステムの良いところ

ネックダブルガードって使うまでいまいちピンときてなかったんですよね。

通常のバイク用のレインウェアでも大抵首はある程度の高さがあり、雨の侵入を防げるような気がしていたので・・・

ただ、バルカンなどクルーザータイプだとジェットヘルメットのシールドの下から巻き込むように雨が入ってくるので、少し高さは欲しかった訳です。

で、実際に装着してみた感じが、

「実によくできてるw」

首というより鼻の少し下あたりまでカッパでガードされるので雨はまず入ってきませんでした。

そして

雨が滴ってくるヘルメットのストラップ部分が完全にネックダブルガードの内側に隠れてくれるためにストラップからの雫も防いでくれていました。

さらにつけたら風のウェア内部への侵入もかなり防いでくれるので、

「防寒対策にぴったり」

だと思います・・・

下手なネックウォーマーより風は入らないかと。

雨が滲むようになったら防寒着に格下げしてあげて使い倒すっていうのもありですね。

そして首から下がる腹部、

ジャケット前側を短く作ってある!!

といううたい文句なジャケットですが、

「大きめのサイズを買うレインウェアには意味ありませんでした笑」

ただし、ウェストダブルガードということでパンツ前側も高くなっており、

ダボついていても浸水してもパンツで防いでくれるという感じにはなりそう。

で、

予想外のウェストダブルガードのメリットは・・・

雨で冷やされてもダブルガードで2重になっているために

「お腹が冷えにくいw」

これ、結構大事だと思うんですよね。

冷えない。

ネックダブルガードは予想以上に良い感じ。

ウェストダブルガードは予想外なところで良い感じ。

で、

スリーブダブルガード

手首の2重部分です。

本来ならば

下側〜グローブ〜上側

という感じで重ねて装着するんですが、突然の雨だったためにノーグローブで対応した訳ですが、さすがにノーグローブとはいえ、手首が2重になっているためにハンドルを握った手首から雨が浸水するといったことはありませんでした。

ここも完璧っぽいですね。

さらに手首のダブルガードは風の侵入も防ぎまくってくれるので、

ネックダブルガード、スリーブダブルガードと冷え予防なウェストダブルガードで防寒した一番外のアウターとして使っても効果あるんじゃないかなー・・・

多分ネックダブルガードの下に薄手のネックウォーマーさえしていればかなりの防寒になりそうです。

レインウェアの能力に対しては新品のため未知数ですので考慮していません。

単純にダブルガードシステムという機能に関してのみの感想ですw

要するにジャケットは良いんです。

軽くて薄くて新品な現在は雨にも負けず、風にも負けず。寒さもついでに負けてない。

そんな感じ。

YAR20のパンツはちょっとどうかなと

おそらくこれから書こうとするものはYAR20という薄手の生地に起因するものと思われます。上のクラスのものや裏地がついたモデルでは同じ感想にならないと思いますので・・・

自動車専用道路を走行する程度の速度域で走行するときに感じたのは・・・

パンツが風でめっちゃ持っていかれる。

薄手の生地と姿勢の問題なんでしょうか?

かなりバタつきます。あまり気にしていなかったので締めてもいませんでしたが、それにしてもバタバタと風に持っていかれ、

「下半身全体が低周波マッサージを受けているような感じw」

ひざ下のバタつきは締めていないから。と言われても仕方ないんですが、膝上も風で生地がビビって低周波マッサージ機でした。

しっかり濡れてしまえば大丈夫なのかなー?とも思いますが、パンツは前が長くなっているということ以外、このYAR20という薄手のレインウェアのパンツの良さは感じませんでした。

パンツだけダメになったらYAR25っていう違うモデル買えば良いんでしょうね。きっと

まとめ

ふとした雨のおかげでヤマハのレインウェアを初使用することができた訳なんですが、確実に雨とわかっているときにはやはりワークマンのバイカーズを着用するかなー?という感想です。

ただ、ジャケットはむしろこっちの方が濡れないような気もするので常時携帯させるレインウェアという観点から考えれば上出来なレベルにあると思います。

普段から使うならYAR19。携行用にコンパクトなモデルという意味ではYAR20もアリ。パンツはYAR25の方が良いんじゃない?

パンツがダメになるのはいつの話かわかりませんが、YAR25気になるw

YAR20のパンツより生地がワンランク上っぽいのでお腹がもっと冷えなさそう。

スポンサーリンク