CX-5 アイドリングストップ無効化

スポンサーリンク

CX-5のアイドリングストップ無効化

始動時ごとにアイドリングストップを停止させれば上記環境にはなります

が、毎回の作業になります。

が、真夏や真冬のエアコンの強めな作動環境のときには止めたいなー。

と、思うときなどはちょいとめんどくさい作業となります。

下記方法であれば、穴空け、部品購入を伴わずにアイドリングストップ無効化することが可能です。戻す事も簡単に可能です。

ただし、この情報を元にして車両になんらかの不具合が生じたとしても責任は取れませんので、各自の判断でお願いします。

作動条件を逆に利用して

細かい作動条件などありますが、ターゲットとする作動条件は

  • ボンネットの開閉を検知した際にアイドリングストップを作動しない。

この機能を利用しました。

あくまでも自己責任で

アイデアとしての提供となります。自分の車両では動作も問題ない状況ですが、責任は取れませんので各自の判断で作業ください。

なお、作業に自信のない方向けではありませんので、ボンネットの写真は敢えて控えておきます。

  1. 電気回り作業です。
  2. ボンネットを、開ける。

エンジン側にあるボンネットラッチを外します。

そうすると、そこにボンネット開閉スイッチが付いています。

試しにボンネットスイッチのカプラーを外します。

ボンネットを締めてエンジンを掛けてみてください。

ボンネットが開いていると認識しアイドリングストップのランプがつかないはずです。

戻す際にはカプラーを付けるだけです。

あくまでも自己責任でお願いします。

スポンサーリンク