Adsenseの停止処分から復活して・・・

昨日、やっとの事で30日が経過し、Adsenseの停止という事態から回復することができました。ホッとした瞬間でした。

Google Adsenseが30日間停止になったというお話
Google Adsenseが30日間停止になったというお話
昨日のことですが、 天下のGoogle様からメールが来ていました。 タイトルは 「Google AdSense アカウント...
Google Adsenseの停止30日から復活したというお話
Google Adsenseの停止30日から復活したというお話
7月7日からかれこれ1ヶ月間に渡って、Google様からアドセンスの30日間の停止処分を受けていました。 色々と考えられる原因...

こんな感じの一連の流れだと思われます。

回復後、一点だけ気になっていた部分がありました。

そこはどの部分かというと・・・

「自己クリック扱いとして捉えられた支払額」

ここです。

現在の残高がクリアされるのか?

一体どうなるんだろう?

と気になっていたわけですが、自分の場合の経過をお知らせしてみたいと思います。

スポンサーリンク

想定していたのは?

停止明けから気になっていた残高のクリアされ方の件ですが、

自分が想定していたのは、

「停止された月のクリア及び残高のクリア」

こんな感じで想定をしていました。

実際の対処された状態は?

各シチュエーションにより違いはあるかもしれませんので、あくまでもこのケースでのサンプルということで参考程度でお考えください。

停止が開始されたと認定されている日 7月7日

停止が解除されたと認定されている日 8月6日

当然、7月分の支払いは凍結されており、7月分はもちろん支払われていません。

それ以前でいうと6月分の支払いは正常に完了しています。

このようなシチュエーションです。

実際の結果はというと・・・

7月中の停止期間内に恐らく自己クリックとして捉えられた分なんでしょうか?一定金額の支払残高の減額がみられました。

その後、

停止解除という形になったので、

「これで終わりなのかなー?」

と半分期待していたんですが・・・

甘かったですw

停止解除後、

Googleより支払いをしたので確認してくださいね的なメールが到着しました。。。

メールには特に何も記載されていません。時期的にも変です。

仕方ないのでAdsenseの管理画面を確認の上、支払いの詳細を確認してみると・・・

残高がマイナス表示されていましたw

Googleからの支払いのメールというのは赤伝を切ったような感じなんでしょう。マイナスを計上しましたよと。

一体いくらマイナスになったんだろう?

と色々と数字を見比べていると・・・?

停止解除当日に停止処分になった前月7月分の支払いがあり、さらにその額全額をマイナス処理することで前月分は実質相殺。

という形をとっていたみたいでした。

支払いはされるものの、その分全額は回復後の当月にマイナスで処理されるので実質プラスマイナスゼロです。

当方の残高が前月分の支払額を下回っていたために額面上マイナスという表記になっているというわけですね。

マイナス分を今後補っていけばいいという感じなんでしょうか・・・・?

この辺りはいまいちわかりませんが、やはり決まった対処方法は存在するようです。

一定以上のサイト規模であれば注意すべき!

当方のブログ程度の停止、復活ですのでたかがしれていますが、大きな集客のあるブログサイトなどの場合は本当に注意が必要ですね。。。

大きな収益を生んでいるサイトになればなるほど、マイナスの額が大きくなっちゃいますので、大変な事態に・・・

仮に前月が数万円の収益があったとしてもその分があとでパーになっちゃうわけですから。

時期、タイミングによっても何か基準があるのかもしれませんが、基本的には月半ばで停止の状態で前月分をマイナス計上するという形になればほぼマイナス表記になってしまうのではないでしょうか?

停止解除後は停止された原因の追求と対処、そしてマイナスの残高をクリアしていく。

これがしばらくの目標という形になるのかなと・・・

確か、メールで見たところ

解除後の月も支払いは執行猶予のような扱いで凍結されており、解除後の翌月より支払いの発生が復活すると読みました。

8月9月で頑張ってマイナスをカバーしてくしかないわけですね・・・

Adsenseの停止はある意味大変いい勉強になりました

審査に通りにくいと言われているAdsenseになぜか一発ですんなり通り、

「大したことないのかなー?」

とか軽く考えていたんですが、さすが天下のGoogle様w

プログラムを走らせて常時監視体制を整えているんでしょうね・・・

当方の場合には、

「子供達のクリック」

が主な原因だったとしか考えられないんですが、誰がクリックしようがそんなこと関係ありませんからね・・・

仮に自宅から複数日クリックされ続ければ、そりゃ自己クリックと認識されてもおかしくないわけですからw

Adsenseも目には見えませんが、少なからずお金が流れているという事業な訳で、その辺りはかなりシビアにチェックが入っているんだと思います。

まとめ

停止解除されたばかりなので、本当にこれだけの減額で終わるのか?

は、わかりません。

数ヶ月経過してやっと結論のでる話だと思いますが、

当方の場合は、

  1. 停止月の減額
  2. 停止月前月分の支払い
  3. 停止前月分全額のマイナス処理

という形が取られていました。

アカウントの抹消にならず、停止で済んで原因もほぼ追求できたので良かったと捉えているんですが、本当に一発アウトな対処にならずに済んでホッとしてますw

仮にiPadのタップ連打されていたらアカウント抹消になっていたかもしれません。

タップ連打しなかった子供達にも感謝・・・ですかねw

スポンサーリンク