バイクの中華スピードメーターが振れる件

スポンサーリンク

突然スピードメーターが振れるようになった

京奈和自動車道を走行中の話。

走行速度は明らかに80キロ程度ではなく風の感じからすると、100〜110キロ。

ふと気になってメーターを確認してみると…

80キロ〜100キロの間で振れまくってる!

それまでは正常に動いていたので、その時前後から不具合が発生した模様。

ちなみに、取り付けしてあるのはメーカー不明で安物のスピードメーター、確かアマゾンで1000円台で買った代物。

購入時のメーターはトリップが付いていなかったのてトリップ付きの安いメーターということで取り付けてあるんですが、取付後走行距離にして4000キロ。

もう壊れちゃいます?

とりあえず、京奈和自動車道を降りるまでは呪われて振れまくっているメーターで走行することに。

降りて確認するも夜でわからず

メーター裏

メーター裏のメーターケーブルを抜いて確認して再度取付。

ローター側

念のためにタイヤ側も外して再度取付。

一瞬治るもすぐに再発

とりあえず、原因追求の前にケーブルの清掃から始めてみることに(タイヤ側のギアは納車整備をした際に清掃&グリスアップ済)。

メーターケーブルは黒い油汚れが付着していたため、パーツクリーナーで洗浄、メーター裏のメーターケーブル差込部もパーツクリーナーで洗浄。

これで、振れの症状を確認してみようと思っていたら…

メーター

治ってました…

まぁ、タイヤ側、メーターケーブル、メーターの不具合の初期症状な可能性も捨てきれないので、しばらく様子見するしかありません。

復活後、100キロ程度走行(翌日)したら再発しました。メーターの振れ幅は40キロ笑

およそ100キロであろう速度域で60あたりから100手前当たりをグラグラと行き来してます。信号などで停止した際にアクセルを吹かしてみると20キロくらいまで表示しようとしてます笑

メーター裏からケーブルを見てみるとダンパーオイルらしきものが垂れていていたので、再度パーツクリーナーをケーブルメーター側、メーターのケーブル差し込み口に吹っかけて洗浄して見ます。またこれでしばらく様子を見てみることに。。。

計器類が壊れていると気持ち悪い

やはり、自動車道専用道路以上の道路でスピードメーターが正常に動いてないのはホントに気持ち悪いものです…

風圧でおよそのスピードがわかるとはいえ、数値化してくれるスピードメーターって気にもしていなかったんですが賢いと痛感しました。

ちなみに100キロソコソコしか出すことのないtwには160キロのメーターだと、メーターの下の方でチョロチョロ針が動くだけなので、悲しい感じになるのでもっと測定域の低いメーターの方が良かったと後悔してます。軽自動車に180キロのメーターつけているようなもんですね

(-.-)y-., o O

スポンサーリンク