スポンサーリンク

クルマの給油口の左右で悩んだりしませんか?カーシェアリング、レンタカーとか・・・

今日バルカンの給油の際に、前のクルマが左と右を間違えたらしくバックしてきて・・・轢かれそうになりましたw

Rのギアとかバイクには付いてないんだから!!!

レンタカーなワゴンRに乗っているビジネスマンでしたw

たまーにガソリンスタンドなどで、給油口が左にあるのか?右にあるのか?悩んでクルマの外周を一周グルーっと回っている人を見かけるんですが、

「そんなことしなくてもメーター見ればわかるのに!!!」

っていつも思いますw

こういったシチュエーション以外でも、たまにバイクにもRのギアがあればいいなーって思うことがあります。少しバックしてからしか発進できない時とか、勾配があり、重くて気軽にバイクを後退させられない時とか・・・

クルマの給油口の位置って決まってる?

クルマの免許を取って乗り始めてから、結構な期間トヨタユーザーでした。

トヨタの特定の車種に乗り続けていたために、

「給油口は◯側」

って思い込んでいました。

しかし、実際のところは法律で定められているような決まりはなく

トヨタ「決まってないよー」

日産「右側に統一してるよー」

スズキ「工場ごとに違うよー」

こんな感じで各社ごとに左側、右側と給油口の位置は違います。

ただ、

マフラーと反対側に設置する。

ということを意識しているメーカーは多いらしく、

一般的にユーザーの多いトヨタは「左側通行で歩行者が歩く側から遠い右側にマフラー、従って左側に給油口」

という理論を持っているようです。

要するに、

クルマごと、メーカーごとに給油口が違うので自分で調べてよ!

ってことですね。

レンタカーの給油口に迷うパターン

行楽シーズンによくあるパターンのヤツです。

普段乗っている車と同じ位置と思い込んでいたら実は反対だったので、Uターンしたり無理して給油していたりw

確かにレンタカーの場合には、メーカーや車種を指定して借りるということは少なく、人数に応じてクルマが決まってくるというパターンです。

出発前に仮に給油口の位置を確認していたとしても、

「人間なんで忘れちゃいますよ!」

そして癖の問題もあるので普段のクルマと同じ位置と思い込んでガソリンスタンドに入るわけで。。。

ここを確認すればそんな心配無用です!

一般的なメーター周りの画像です。

左にスピードメーター、右にタコメーター、真ん中上部が燃料計ですね。

運転中ってスピードメーターは間違いなくチェックします。

そして、

燃料がそろそろやばいなーとか絶対に燃料ゲージも確認するはずです。

真ん中の燃料ゲージをよーくチェックしてみてください。

この車種が何かはわかりませんが・・・

燃料のマークの右側に

▶︎

の三角形が付いているのが見えませんか?

えと、

これが給油口の位置です。

右側に給油口がありますよー!

ってことです。

ちなみに違う画像で調べてみると、

この車種も燃料ゲージは真ん中にありますが、

燃料のマークの右側は・・・

▶︎

この車種も右側に給油口があるということがわかります。

次、

この車種の燃料ゲージは右側にあります。

マツダ・・・かな?

左からタコメーター、真ん中がスピードメーター、右が燃料ゲージですね。

この車種は良く見ると・・・

◀︎

左向きの三角があることがわかります。

つまり、この車種は

左側に給油口がありますよー!

と一目見ただけでわかるわけです。

知っている方も多いんですが、知らない方も実は多いですw

レンタカーに乗る機会や知人のクルマに乗る機会があればチェックしてみてください

実は割と知らない方も多い、この給油口の

◀︎

▶︎

の三角形ですが、一度知ってしまうと今後給油の際に

「左だっけ?右だっけ?」

「うわー、間違えた。バックバック」

とガソリンスタンドであたふたすることが一切無くなります。

気にして自分の車ですらそんなところ見たことないし。。。

って方は一度マイカーの燃料ゲージのところ、チェックしてみてください。

まとめ

SKYACTIV-Xだとか色々世間では言われていますが、まだまだガソリンスタンドは必要ですね。

中国でEVがあーだこーだ。とか

ヨーロッパではEVにシフトするとか・・・

日本だけ燃料電池(FCV)?

いや、

中国さん、アナタはその前にやることがいっぱいあるだろうと言いたいところは山ほどありますが。。。

現実的な話で考えると、

日本のメーカーさんが仮にこぞってEVに舵を切り始めたとしても、

  • バッテリーの航続距離、パワー
  • インフラ(充電関係)
  • 価格

この辺りがいわゆるフィット、アクア、せめてプリウス並?一般大衆向けの車両程度になって来ないと、ちょっとしんどいですよね〜・・・

日産新型リーフは400km走ります!でもあのサイズで300万円・・・ちょっと考えません?

現状のリーフだと、

80kmで走ったら燃費はいいですけど100km出したら燃費は悪いです。高速道路でも80kmをキープするように心がけてください!

あ、

あと暖房つけたら燃費が落ちるので寒くても我慢して乗ってくださいね!

って感じ?w

車両価格300万円。オプション、登録費を考えたら330~350万円コースですよね?

仮に5年でローンを組んだとしたら月額6万円~。

それでも電池満タンでの航続距離は最近の燃費の良い軽自動車に負ける…

別にリーフを否定しているわけではないです・・・すいません。

性能と価格のバランスがまだうまく取りきれていないなーと感じているだけで、リーフの思考そのものは素晴らしいと思います。

まだまだ頑張ってください!ガソリンスタンドの方々!

スポンサーリンク
関連記事