スポンサーリンク

冬でも寒くない!クルーザー?アメリカン?なバルカンに似合う?フルフェイスのヘルメット

なんだかんだでヘルメットを結構持ってる方だと思います。

普段メインで使っているのは500-TX,ジョッキーハーフヘルメットの2個。

その他に会社に置き傘的扱いで2個ほど・・・

そして自宅にも1個。

クルーザータイプのバイクに乗る際にフルフェイスは似合わない。

とか、

安全性を考えたらクルーザーでもフルフェイス一択だ!

とか色々意見はあるようですが、

装飾用ヘルメット、乗車用ヘルメット、SG規格、SNELL規格、ARAI規格。そんな論争は聞き飽きましたね・・・

結局は

TPOに応じて各個人の責任においてヘルメットを使い分ける。

べきだと思いますよ。

その責任を質問という形に変えて人になすりつけるのはやめましょう。

クルーザーで人気のあるヘルメットは?

おそらく、このキーワードで考えた場合には、

  1. ジェットヘルメット
  2. ハーフヘルメット
  3. 以下同文

こんな感じになっちゃうんじゃないでしょうか・・・?

大半の方が、ジェットヘルメットにシールドないしサングラス。

あとは

ダックテールなハーフヘルメットなどが続く・・・

という感じ。

冬のハーフヘルメットはもちろん寒い!ジェットも寒い

冬でもクルーザーに似合う寒くないヘルメットは存在する?

当然の事ながら、真冬にハーフヘルメットでバイクに乗るとか・・・考えたくないです。

ジェットも隙間風がかなり入ってくるので、理想の形状はやはりフルフェイス。

フルフェイスが一番寒くない。

これを理解しているものの、クルーザーに似合うとは思っていないので、

「冬にクルーザーにも似合う寒くないヘルメットはないですか?」

と検索するのでは・・・?

このキーワードで調べたりしている人の本心は、

「クルーザーでもおかしくないフルフェイスのタイプってどんなタイプですか?」

「クルーザーにフルフェイスってやっぱ変ですよね…?」

と聞きたいのが本音ではないでしょうか?

自分が納得して使っていればフルフェイスだろうがオフヘルメットであろうが恥ずかしくはない訳で。

ジェットヘルメットの防寒対策

これに関しては、

  • フリップアップする機能のついていないシールドを使う事でできるだけ隙間を無くす。
  • シールドができるだけ大きいものを選ぶ。

これくらいしか対策はありません。あとは、ヘルメットとシールドの間の隙間をスポンジなどで埋めてあげる事で隙間風は防ぐことができます。あとはネックウォーマーで隙間を埋める。

ですが、隙間を塞いでしまうと弊害があって・・・

曇りやすく、曇りが取れにくくなります。

このOGKのワイドバブルシールドが一番大きいですかね〜・・・?

隙間風を考えればフリップアダプターも付けない方がいいですね。

ただし、どれだけ頑張っても首元、上部のシールドの隙間から少なからず風は入ってきますので寒いと言えば寒いです。

が、耐えられる可能性はあります。

個人的には外気温が5度あたりが限界点です。

今冬にクルーザーで使おうと思っているヘルメット!こんなのはいかがですか?

今年から、いや今年も使おうと思っているヘルメット。

というより持っているから使わざるを得ないヘルメット・・・と書くべきかもしれませんが、案外大丈夫なんじゃないか?

と期待しているヘルメットが、

WINS JAPANの

X-ROAD

というモデルのヘルメットです。オフヘルメットにシールドがついたモデルで、インナーバイザーまで付いています。

バイザーを外せば、モタード風

シールド、バイザーそれぞれ取り外して使うことができるので、

イメージ的には

シールド、インナーバイザーの付いたダムトラックスのブラスター

のようなイメージのヘルメットです。

こちらが

X-ROADで、

こっちがブラスター。

いや、

それにしても似たようなヘルメット持ってるな・・・

ちょいモタード風味、ネオトラッカー的ヘルメットになるので

普通のフルフェイスとは見た目も若干違ってきます。

割といけるんじゃないだろうか・・・

と自分では思ったりしているわけなんですが。。。

ブラスターよりも帽体が一回り大きくなってしまうのが少し残念なところです。

X-ROADのサイズ感は
アライ、SHOEIのLサイズ ≒ WINS JAPAN X-ROAD のXLサイズ

こんな感じなので目安になればと思います。

値段がそこそこ安いのもメリットの一つかと。

そして鉄板の曇り止めシートも利用可能。

冬場のシールドの曇り止めを一度使うと手放せません。

もともとフルフェイスのヘルメットにはフォグウィンを使っていましたので効果はわかっていました。 ついにジェットの曇りに耐えかねてジェット...
以前、 という記事を書きました。 もうすぐ5月に入り、梅雨の時期も目前に迫ってきています。 500-TXに付けてい...

ちなみに、ヘルメットを買うとサービスで曇り止めシートをプレゼントしてくれたりするので、曇り止めシートを買うのならいっそのことヘルメットを買ってしまう!

というのも作戦では・・・あります。

あとは、オフロード型のヘルメットになるので、顎先のスペースが広いため、

風の巻き込み対策という事で、チンカーテンがあれば効果絶大です。

そして大きかったのが、

X-ROADを取り扱っている

ウインズジャパンさん。

一度サポートに対応をお願いしたことがあるのですが、

「大手メーカーではできない親身な対応」

で好感が持てました。

今年は、耐えられるところまではジェットで過ごして、限界を感じたらX-ROADを使うつもりです。

先日、シールドをクリアからシルバーミラーに変更しました。シルバーミラーと言っても夜間走行でも問題なく使えるちょうどいいミラーです。

先日、ブラスター用にシールドを買ってみたばかりですが、実は同時にこれまた良く似たヘルメットのシールドも併せて注文してありました。 ...

まとめ

先日から少しずつ冬装備を準備し始めているところで、

「クルーザー、ヘルメット、冬」

などと調べてみたんですが、

「フルフェイスが一番いいですよ!」

「ジェットでも大丈夫です!」

おそらく、欲しい回答ではない回答がズラリ。。。

シンプソンなんていかがですか?

というのが唯一の前向きな回答のような。

個人的には、

このX-ROADか

ブラスターに小細工

ブラスターの口元のベンチレーションを裏側から塞いでしまって、

ほぼ専用と言っていいエラスティックシールドをつけてあげればソコソコいけるんじゃない?

ジェットよりは寒くないけど、もともとシールドが付いている普通のフルフェイスよりはちょい寒い。

って感じでしょう。

チンカーテンが無いのでかなり厚手のネックウォーマーは必須と思いますが・・・

ま、

結局は、寒くなければなんでもいいんですよね。

スポンサーリンク
関連記事