スポンサーリンク

割れたiPhone6のフロントパネルを自分で交換してみた

iPhone8が発表され、iPhoneXまでが発売されようとしているこんな時期にiPhone6のフロントパネルを交換してみることにしました。

経緯は、

  • 自分のiPhone6のフロントパネルは隅っこが少しだけ割れてる
  • 嫁のiPhone6のフロントパネルは上部3分の1程度に割れが見られる

こんな感じで、

先日MNPでIIJMioに移動したため

長らくdocomoを使っていました。 2年ほど前にMNPつまり番号ポータビリティによって携帯電話のキャリアを変更することで商品券をもら...

もう少しiPhone6を使い続ける必要があり、

「フロントパネルが安いなと思った」

このタイミングで交換しておくことにしたわけです。

作業時間で考えると、

ゆっくり慎重にウェブサイトをカンニングしながら作業をしたと考えて

「1時間/台」

の時間的余裕は持っておいた方がいいなと思いました。

この手の作業で焦りは・・・禁物ですよね。

修理をどこでするのか検討した結果

かつてiPhone5Cを持っていた頃。

発売後すぐにガラスを割ってしまって、社外品のガラスパネルも純正品とそれほど変わらない価格だったためにアップルストアで交換を依頼したことがあります。

高かったw

3万近くした記憶があります。

現在は、

型落ちまくりになったとはいえ14800円・・・

近所のiPhoneの修理屋さんに電話で

「フロントパネルの交換っておいくらくらいですかー?」

と聞いて回ったところ、

安い返答があった店舗で、

一台5800円

2台で11600円かかる感じでした。

割と細かい作業になるので、安ければお願いしようかと思っていたいんですが、今更6ごときに10000円を超える修理費用を払う気にはならなかったので、自分で交換することに。

iPhone6のフロントパネルは安くなってきてる!

自分が購入したのは、アマゾンで2800円/枚(交換に必要な工具付属)の商品をブラックとホワイトそれぞれ1枚ずつ注文しました。

探せばもっと安い店舗などもあったんですが、さすがに使えないものを買うのはリスキーなので、レビューが多めな商品の中から選んでこのくらいの金額になったわけです。

2枚で5600円、店舗でお願いする場合の半額で収まりますから十分ですね。

iPhone6のフロントパネル交換の前には作業工程の確認を!

iPhone6に関してはバッテリーの交換程度の作業しか行った記憶はありません。

さすがに、メインで使っている携帯電話を壊してしまうわけにはいかないので・・・

参考にしたサイトが、

こちらです。

youtubeなどで交換作業の工程を動画で確認したりすることも出来ますが、作業しながら映像をいちいち停止したり戻したりして確認するのは面倒なので、

実際の作業のカンニングには静止画の方がいいと思います。

このサイトをPCで開いてカンニングしながら作業を行いました。

iPhone6のフロントパネルを自力で交換して見た

ところどころしか画像はありません。

こちらが2台のウチの1台。

ホワイトのパネルのiPhone6。

下が割れたフロントパネルのついたiPhone6。

上が新しい社外品のフロントパネルです。

必要工具も一通り揃っているので、あえて言うならピンセットなどが別であればもっと便利に作業が出来たかなー。

解説サイトをカンニングしながら本体とフロントパネルを分離したところ。

「ついでにバッテリーも買っておけばよかったー・・・」

と、このタイミングで気づきましたw

いつも思いますが、

iPhoneの分解で一番注意することは、作業工程を確認することでもなく、丁寧に作業することでもなく。

どこにどの精密ネジが使われていたのか?

これをはっきりとさせておくことです。

固定するプレートなどそれぞれに使われている精密ネジの長さが少しずつ違っていたり、同じだったり。。。

外した部位ごとに、外した位置がわかるように置いておくこと。

これさえしっかり行っておけば、どのモデルのiPhoneでも作業はかなりスムーズに行えると思います。

ちなみに、

自分の普段使っている方のブラックのiPhone6ですが、

組み上げ段階ですでにネジ山が舐めまくりで外す際かなり手こずりました!

それもフロントパネルと金属のプレートを止めてある6個の精密ネジのウチ2個が舐めて頭がまん丸になっていました。。。

天下のアップルさんでもこんな仕事をするところに外注してるんですね。

左が割れたパネル、右がフィルムがまだ貼られた状態の新品パネル。

表側のガラスのエッジの仕上げ具合が純正とは違い雑ですね。

液晶がしっかりと表示され、タッチパネルが問題なく動けばいいんですが・・・

「問題なーし」

フリック、タッチパネルの感度共に違和感なく動いています。

2台ともなんの問題もなく仕上がりました。

まとめ

やってみよう!

って大事ですよねー。

車でもバイクでもなんでもそうですが、

人が作って、人が補修、整備しやすいようには作られている!

わけで、

作業手順や気をつけないといけない箇所さえわかれば、あとは道具さえあればどうにでもなります。

情報なんてウェブサイトさえ見れる環境であれば、youtubeで難易度の確認をしてみたり、手順をウェブサイトで静止画で確認したりできるわけですから。

スポンサーリンク
関連記事