スポンサーリンク

配線処理?!リレー?!バッ直?!バイクの配線に困った初心者な人向け

クルマでもバイクでも電気配線を触ったことのない方は、

「バッ直?」

「リレー?」

「アース?」

ってなると思います。

今日は、難しい理論は無しにして全く配線などを加工したことが無い人に、少しでもわかりやすいように解説しておきたいと思います。

まず、前提として

電気部品(バッテリーを含む)を外す際には、

マイナスを外してからプラスを外す

取り付けの際には、

プラスを繋げてからマイナスを繋げる

というのが基本です。これさえ守っていれば案外壊れにくいものなので、チャレンジしてみてはどうでしょうか?

バイク、車の電気には流れる方向が存在します

家庭用のコンセント。

これはどのように差し込んでも電気が流れます。

「交流」

と言います。

一方で、クルマやバイクの電気には流れる方向が存在するので難しく考えてしまうのでは無いでしょうか?

基本的な流れは、

バッテリーのプラス ⇨ 電装品(例えばライトなど) ⇨ バッテリーのマイナス

というふうに流れると考えてもらって問題ありません。

「直流」と呼ばれます。

基本的には電気部品を上記のように配線していれば作動、点灯します。

基本的には配線は、

バッテリーから直接配線をしたり、通電している元の配線から分岐させたりして電装品に繋げていきます。

マイナスとアースというのは同じ意味と捉えて基本的には問題無し

ここで頻繁に配線などの際に、

「アース」

という文言を目にすることと思うんですが、

アース=マイナス

と捉えてもらって基本的には大丈夫です。

バッテリーから電気を受け取り、最終的にバッテリーのマイナスに循環させていくわけですが、電装品全てをバッテリーのマイナスに配線していく代わりに、

電装品 ⇨ 車両ボディ ⇨ バッテリーのマイナスへ

流れていく構造になっています。

例)バイクのウィンカー(一本しか配線の無いタイプ)でも点灯する

配線が一本しか出ていないのに点灯する? ⇨ その一本の配線はプラス配線です。マイナスはボディにアースとして流れていくので通電するわけです。

バッテリーのプラスから直接電気を取ると起こる不具合

上記のように電装品をバッテリーのプラスから配線し、マイナス、アースしてあげると通電するので、

「電装品は作動します」

が、

ここで問題が発生します。

バッテリーの残量がある限り電装品が作動しっぱなしになる!

当然の話ですが、バッテリー本体にはスイッチ的なものは存在しませんので、直接繋げてしまっては、

通電しっぱなし、作動しっぱなしの状態になってしまいます。

そうすると、乗っていようが乗っていなくても電気を消費してしまうわけです。

そして、

必然的にバッテリー上がり。

常時電源とかアクセサリー電源とか言われるモノ

ここでキーワードとして必要になってくる言葉が二つ。

  • 「常時電源」
  • 「アクセサリー電源」*ACC電源と省略されたりも

常時電源とは・・・常に車両の状態に関係なく電気が流れている配線のこと。バッ直もこれに該当します。

アクセサリー電源とは・・・バイクであればキーがONの位置になった時に通電する電源のこと。

つまりアクセサリー電源から電気を分配してもらえば、電装品が作動しっぱなしということが防げるわけです。

配線がどの状態の時に通電しているのか?

を確認するときのアイテムが、

というわけです。

こういったデジタルテスターも便利ですが、通電しているかどうか?だけの判断であれば、

最初はこういった通電していれば光る。というシンプルな検電テスターの方がわかりやすいかもしれません。

何気に自分も愛用してます。

こういったテスターでどのタイミングで通電しているのか?

を判断して電気配線をするわけですね。

ちなみにアクセサリー電源でメジャーなところで挙げていけば、テールランプ、ホーンなどがパッと思いつくでしょうか・・・。

こうやってアクセサリー電源などから分岐させて電装品を使えるようにするわけですが、そういった際にも不具合がまた起こる可能性があるわけです。

その配線で送れる電気のキャパを超えてしまう可能性がある!

そこで利用するアイテムが

「リレー」

と呼ばれるものです。

分岐させて問題ない程度の電力消費の電装品であれば大丈夫ですが、心配であればリレーを使う方がベターでしょう。

ただし、

リレー、リレーと作業してしまうと、リレーだらけでミットモナイ。

ってなっちゃうこともありますので。分岐で大丈夫なものは分岐させてもいいかと思います。

リレーっていったい何をする?

ここをみて理解できればいいのですが、もっとシンプルに書いていくと、

ここにエーモンというメーカーのリレーがあります。

使い古しですが、

実際の使い方で書くと、左側にある2本の配線がプラスとマイナス。

右側の2本がバッテリーのプラス用とと電装品のプラス用です。(テープで覆っている白の配線は無視してください)

リレーの作用としては、

右側の2本は基本的には通電はしません。

左側にある2本のプラスマイナスで通電が確認されると、バッテリーのプラスに接続した配線から電気が流れ、右側の電装品用のプラス配線に電気が流れることで電装品が作動する。

という仕組みです。

どう使うのか?

例えば、アクセサリー電源から電気を取得したい場合。

左側の2本には、既存のアクセサリー電源で使えている電装品を接続します。

そして、

右側のバッテリーへの配線を接続、そして電装品用のプラス配線を電装品のプラスへ。

で、 ⇨ 電装品のマイナス配線は普通通りにアース。

こういう形に配線することで、アクセサリー電源が作動時のみ電装品へバッテリーから直接電気が送られるという仕組みになります。

リレーを使ってバッ直

というのがこの状態ですね。

ちなみにバイク用であれば大きなリレーよりも小さなリレーの方が配線の収納が楽になると思います。

こんなやつ

リレーを使うと、

アクセサリー電源が非作動時には 「A」、アクセサリー電源が作動時には「B」という風に切替器のような使い方をすることも可能です。

ちなみに、

古いバイクでヘッドライトリレーを作成し、バッテリーから直接電気を送ってあげるとヘッドライトが明るくなったりすることも・・・

まとめ

こんなことを書いてみたのも、実はたまたま寄った部品屋さんで

インチハンドル用のグリップヒーターを50%オフでゲットしてしまったから・・・

な訳ですw

スカチューンではなくしっかりとしたノーマルサイズのバッテリーを搭載しているために電力の心配をすることが無くなったので、

「今年はグリップヒーターをつけるかなー」

と思っていた矢先の話。

寒くなってしまってからでは遅すぎるので、少し早めに取り付けることにします。

スポンサーリンク
関連記事