バッテリー上がりの時はジャンプスターターな件

スポンサーリンク

先日、修理しといてと預かっているバイクのバッテリーが上がった。

ブースターケーブルも手元には常備しているが、この際ジャンプスターターを試してみることにした。

ジャンプスターター

というのも、安く買えたからなわけで…

単独で始動できて緊急時にはライト、携帯の充電もできる。まぁ、便利そうなアイテムです。

ジャンプスターターの機能性は前より会社にて使用していたので、強さ、コンパクトさ、救助時の楽さは理解していたのですが、買うタイミングがなかったんです。

バイクであれば問題ない機能性

購入後、充電してバッテリーが上がったバイクに繋いで始動してみたところ、なんの問題もなく再始動できました。

ブースターケーブルのように移動して繋いで相手の車両からバッテリーの力を借りる必要がないので、所要時間もものすごく短縮できます。

預かっているバイクはプラスはバッテリー、マイナスはボディアースに接続しましたが、始動は問題ありませんでした。(取説にはプラス、マイナスともにバッテリーへと記載されている)

たまたま、ご近所さんの車で試した件

その後、たまたまご近所さんのクルマのバッテリー上がりがあり、運良くか運悪くなのかわかりませんが、ジャンプスターターを試すことができました。

以前の会社にて使用していたジャンプスターターは2万円程度した高級品で、クラウンクラスの救助も確認していました。

ただ、今回は数千円のコンパクトなジャンプスターターです。

相手はガソリン2.4literのトヨタ車。

  1. ボンネットを開ける
  2. ターミナルにジャンプスターターをつなぐ
  3. エンジン始動してみる
  4. すんなりかかる…

十分なパワーでした。バイクなら極端に始動性の悪いセル回しまくりのバイクでもどうにかなりそうです。

通勤で考えればベストチョイスか!?

バイク通勤で考えれば、ブースターケーブルより、ジャンプスターターのほうが所要時間も少なく便利そうです。

バッテリーがアヤシイ時には積んで通勤すればいいだけですし。着いてから念のためにジャンプスターターを充電しとけばいいんです。

たまたま、店頭で型落ちの在庫処分品?があったので購入しちゃいましたが、アマゾンなどを見ていると、メーカーなどはよくわかりませんが、容量などがもっと大きなものももっと安く入手できるようです。

バイク用であれば、持ち運びも多少は考えるのでコンパクトさは大事な要素ですが、車用であれば大は小を兼ねるのでコンパクトさは無視して容量のもっと大きなものを買ってみようかと揺れまくってます。

スポンサーリンク