スポンサーリンク

冬のバイク通勤で最強そうな防水防寒グローブ|ニトリルゴム手袋

先日ホームセンターで、

「こ、これは!!!」

と思える手袋を発見しました。

冬のバイク通勤の手袋として、

  • 防寒
  • 防水
  • ダメになっても気楽に捨てられる価格帯

という自分の中でのポイントを全てクリアしています。

N-3140防水防寒ニトリル手袋

自分が購入したのは、

ホームセンターのナフコオリジナルとして販売されていましたが、品番がHN-3140。

コーコス信岡というところのOEM商品のようです。

  • ゴム手袋なのに手首にマジックテープが付いている。
  • 内側はフリース仕上げで防寒対策も完璧。

この2点が衝動買いしてしまったポイント

大阪の会社なのかな?

レッドとブルーの2色展開のようでしたが、サイズと在庫の関係によってブルーになりました。

大きさは?

普段のグローブ選択のサイズは、LかLLを選ぶ感じ。

今回のニトリルグローブは作業手袋ということもあり全体的に大き目になるのでLサイズ。

特徴

冬のバイク通勤ようとして衝動買いしてしまった、その特徴とは・・・

ゴムだからもちろん濡れない。

縫い目が無いので雨が侵入してくる心配が一切ない。

そしてゴムで滑りにくい。

さらに、珍しく手首にマジックテープがある。

装着してみた感じは、

そんなに悪くない。

でも持って帰ったら

うちのボウズに

「仮面ライダーみたい。赤も買えば?」

と言われる始末・・・

でも、

  • 濡れない
  • 寒くない
  • 滑りにくい
  • 安い

一年もてば十分でしょう。

ちなみに

ニトリルゴムとは、

ニトリルゴム (nitrile rubber) は主要な合成ゴムの1つであり、アクリロニトリルと 1,3-ブタジエンとの共重合体である。NBRとも呼ばれる。

耐油性、耐摩耗性、引き裂き強度に比較的優れるが、耐オゾン性や耐寒性が他のゴムより劣る。Oリングやガスケット等のシール材、また手袋の材料として良く用いられる。

アクリロニトリルの含有量により、低ニトリルタイプ(アクリロニトリル含有量25質量%未満)、中ニトリルタイプ(同25質量%以上35質量%以下、高ニトリルタイプ(同35質量%超)の3種に分別される。特性を向上させるためにメタクリル酸を共重合した、カルボキシル変性ニトリルゴム(XNBR)やブタジエンの一部をイソプレンに置き換えたNBIRもある。

ブタジエン部分の二重結合に水素を付加させ、諸特性、特に耐オゾン性を向上させた水素添加ニトリルゴム(HNBR)もあるが、NBRと比較するとかなり高価である。

天然ゴムではないのでラテックスアレルギーの原因にはならないが、成形時に添加される薬品による遅発性アレルギー反応を起こすことがある。

耐油性もあるので、冬のバイクメンテグローブとしても使えそう。

現在使っているワークマンのグローブと比較してみる

現在使っている手袋は、ネオプレーン製の薄手のもの。

先日、ウィンターグローブを購入したばかりです。 RSタイチのアーバンウィンターグローブ。 しばらくこれで冬の時期は乗り切...

グリップヒーターが付いているので20分程度の通勤であれば薄手で十分。雨の問題もネオプレーン製なので問題なし。

ちなみに、

薄手のものと暑手のものどちらも持っていますが、薄手のほうがいろんなシチュエーションに使えるので長らく愛用してすでに4セット目?

保温力、操作性で考えると、

薄手のネオプレーン製 → N-3140  → 暑手のネオプレーン製(11月中旬〜2月下旬)

こんな感じです。

どちらにしても通勤で酷使するとワンシーズンでダメになったりもしますから何双持っていても問題なし。

見た目はただのゴムですが、フリースも仕込んであるので思いの外いい手袋だと思います。

ツーリングなどの場合には別途、

昨年までは、ドンキホーテの1000円未満のモノとか、ホームセンターのモノとか、ワークマンのグローブとか・・・ 色々使っていたんですが、...

こんなしっかりしたものも・・・

まとめ

今年はグリップヒーターもつけたのでそれほどグローブに気を使う必要はなくなったんですが、それでもやっぱり気になります。。。

というか手袋でニヤついていたら、

X.A.Mの20丁のドライブスプロケットが到着!

寒いけど交換しちゃいます!!!

スポンサーリンク
関連記事