スポンサーリンク

サビ塗装!?バイクのタンクをエイジング|世田谷ベース風味に|バルカン塗装

もともと、最初からサビ塗装で仕上げるつもりでした。

タンクの塗装は、

しばらくは赤で乗ろうかと一瞬考えていたんですが、 その考えは 「秒殺で消えていました」 事前に入手しておいた 「イサ...

イサム エアーウレタンのAFベース色というカラーで吹いてあります。

吹いて、サビ塗装をしてステンシル入れて。

とか考えていたんですが、思ったよりもスッキリしていたのでしばらくそのまま使っていました。

使ったサビ塗料は?!

キャンディタワーさんのラスティブラウンというカラーを今回は使ってみました。

実際にこの塗料を使ってサビ塗装、エイジング塗装をするのは初めてです・・・

おそらく50mlもあれば十分だと思い小さい方を購入してみましたが、十分でした。

あとで気づいたんですが、

タカラ塗料さんからもサビ塗料が販売されているみたいですね。

サビ塗料の仕上がりをイメージして・・・

サビ塗装は全くの初めてで、いきなりタンクはまずい。

と思ったので試しに紙、ブリキ缶で試してみました。

まずはただの紙切れで・・・

左がボロ雑巾の端きれを使ってポンポンしてみたもの。

右はティッシュの切れ端。

とりあえずどんなものでも、薄めにポンポンしてあげればそれなりにはなるんじゃないか・・・ということで。

なんとなく。

こすったり叩いたり、水で薄めたりどうにでもなるような感じ?

結局タンク塗装には大きくカットして使えるスポンジを利用することに。

ブリキ缶でサビ塗装を試してみた

早速仕上がった画像しかありませんが・・・

ブリキ缶はもともと黒のつや消しで刷毛塗りしてあったものを利用しています。

試しに素地の部分をスポンジで試してみました。

ほ〜。

こんな感じに塗料が載るわけね。

つや消し黒の塗料の上から適当にスポンジでポンポンと叩いていくと、サビ風味になっていきます。

多めにつけたり色々。

さて、結局よくわからなかったのでいきなりタンクを塗ってみました。

失敗したらタンクを再塗装しちゃえばいいしw

バルカンのタンクをサビ塗装してみた

途中画像はありませんw

塗装前。。。

塗装後はこんな感じにw

ちょいサビっぽい感じにしたかったんだけど、やりすぎた感。

もう一色黒っぽいカラーを使って、

「エイジング塗装」

っぽく汚れた感を追加した方がいい気がする・・・w

エッジ部分の仕上げや濃い部分の仕上げはまだですが、全体的にやり過ぎたw

全体的に汚したい・・・

というか、

つや消し塗料とはいえ、ウレタン塗料のスプレー吹き付けのベースにサビ塗装を叩いてつけた感じなので元の塗装面自体にデコボコ感が足りないんですね。

多分違和感の犯人はスプレー塗装のベース面。

全体的に汚してみるか・・・

そして黒を足してみた

どんどん引くに引けなくなっているところが辛いw

サビ塗装自体は楽しいものの、

  1. サビ塗装楽しい
  2. やり過ぎる
  3. 違和感
  4. 後悔

こんな感じw

お昼の軽く仕上げたところにさらにサビが濃い部分を作り、黒を足してスポンジでポンポンとためしてみたところ。

まずまず、それっぽい

それっぽいといえばそれっぽいけど、

最初の構想では、

「ちょいサビ」なタンク

にするつもりだった。

それがいつのまにか、

「ただのサビまくり」なタンク

にたどり着いてしまいました・・・

薄め仕上げの単色の時から、

細かいところまでスポンジを叩いて、そして黒を追加して

ん〜・・・

まぁ、しばらく楽しんで暖かくなったら色変えよう!w

まとめ

やはり一度同じようなカラーの上でサビ塗装を試しておくべきでした。

ベース塗面がウレタンスプレーで塗装してあるのが原因だと思うんですが、綺麗な塗装面とサビ色面の塗面の差が激しすぎるw

やはりここは、

スポンジで全塗装をやり直しするべきか!

いや、

タンク全体的にエイジングするべきかw

スポンサーリンク
関連記事