スポンサーリンク

バイザーレスで使えそうなシールド付のオフロードヘルメットをピックアップしてみた|クルーザー|フルフェイス

現在の通勤マシンは何故か

カワサキ バルカン

クルーザーにはフルフェイスでもオカシクは無い。でもちょっとなんか変。

そう思う人も多いかと。

現在、複数のヘルメットを使い分けしていますが、フルフェイスは、

ウィンズジャパン X-ROAD

というシールド付のオフロードヘルメットを愛用しています。

まぁ、TWの時から使っているものをそのまま使いまわしているだけですが、案外イケる。

という訳で、

これから1月2月と使用頻度の増えそうなフルフェイス。その中でも、シールド付きのオフロードヘルメットをピックアップしてみようかと思います。

もちろん規格品で。

NEO RIDERS ZX

おそらくシールド付オフロードヘルメットの中では最安値

ネオライダース ZX

もちろんバイザーレス、シールド、ゴーグルなんでも来い。そしてシールドの種類も豊富。

特徴は、シールドのカラーバリエーションが多いということでしょう。

ジェットヘルメットで、この会社のヘルメットを一つ持っていますが、それほど悪い印象はありません。値段で考えると十分良いモノです。

YAMAHA YX-3 ギブソン

ど定番といえばど定番な

Y’sギア、ヤマハのYX-3

モタード風バイザーレスからゴーグルまで対応できてシンプル。名前の知られているメーカーの中では最安クラス。

シールドのカラーバリエーションが無いのが唯一かつ一番のネックかもしれません。

自分もミラーやライトスモークがあればこれを買っていたはずです。。。

ウィンズジャパン X-ROAD

現在愛用中のヘルメット

ウィンズジャパン X-ROAD

インナーバイザーが付いているレアなオフロードヘルメット。

もちろん、バイザーレス、シールド、ゴーグルなんでも来いです。価格帯は上のYX-3と似たような金額。

シールドも濃すぎないレインボーミラー、シルバーミラーがオプションで。

このヘルメットの最大の特徴は、

メーカーの対応が最高に良いというところ。

本当に親切に対応してもらえます。

SHOEI HORNET ADV

もはや説明は不要だと思います。

SHOEI HORNET ADV

モデルチェンジ後、フルフェイスっぽくなってしまったのが残念なポイントかなー?

バイザーレスにしても、普通のフルフェイスに見える系なので、バイザーレスで使うなら選択肢から外れそう。

アライ ツアークロス3

バイザーレスで使用するとかなりカッコいい。本当は一番欲しいヘルメット。

アライ ツアークロス3

もちろん、バイザーレス、ゴーグルなんでも来い。そしてバイザーレスで使用することを考慮に入れるとHORNET ADVより口元がカッコイイ。

唯一のネックは一番価格が高いという点。

番外編

そもそも最初からゴーグル使うからシールド不要。

そしてビンテージ寄りなデザインがー!

というタイプのヘルメットがこちら。

NEO-RIDERS ヴィンテージオフロードヘルメット V23

同じようなタイプで、

ダムトラックス ブラスター

そして、

大本命といえばこれになるでしょう・・・

SIMPSON M50

欲しくて欲しくてたまりませんが、一歩踏み出す勇気がいまだに持てていません。

カッコ良すぎる。

もし買えたらバイザー、ゴーグル併用で使いたい。

まとめ

フルフェイスだと色々選択肢がある訳ですが、シールド付きのオフロードヘルメットとなるとかなり選択肢が狭くなってしまいます。

自分は通勤も考慮に入れる必要があり、値段も重要。

通勤は無視して本当に欲しいモデルといえば、

やはり

アライ ツアークロス3

シンプソン M50の2個持ちかな・・・。

でも、現実は・・・

ウィンズジャパンのX-ROADとダムトラックスのブラスターw

スポンサーリンク
関連記事