スポンサーリンク

またまた雨の中スカなTWで走ってみた件

和歌山県和歌山市〜奈良県天理市までの区間。走行距離にして約95キロ。最初から最後まで雨(中)〜雨(大)でした。走行区間の中で自動車専用道路は相変わらず京奈和自動車道の岩出〜五条北の区間約40キロ。

結構雨でした。

もちろん雨対策はある程度施してあるので完走は可能です。ただし今回は京奈和自動車道で横風を受ける区間が多く、自動車道後半で若干もたつきを感じました。もたつきを感じた車速はだいたい80キロを超えるかどうかあたりなので、自動車道の流れに乗った走行に関しては問題ありませんでした。横風がまともにエアクリーナーのカバーされていない側から雨とともに当たって空気の吸入量を減らしたと推測されます。

走行区間

影響を感じたのは一瞬だけ

京奈和自動車道で感じたもたつきは自動車道を下りて一般道に入った頃には無くなっていました。無くなっていたというかもたつきを感じる速度を出すことが無くなったというのが正しいのでしょう。下りてからの約30キロの区間に関しては全く雨による影響を感じることはありませんでした。

ただ、ただ!!!背中汚れるのがどうにもならんのです!

TW乗りの方にはアルアルな話なんですが、背中とヘルメットの後頭部までの水ハネの汚れがどうしても防げませんw

シートの後部に荷物をくくり付けていたんですが、ドロというか砂というか汚れまみれです。想定内なのでくくり付けていた荷物はビニール袋の中に入れておいたので無事なんですが。。。

ナンバープレートとシートの隙間をアクリル板などで埋めてみたこともあるんですが、多少の効果はあるんですが、どうしても隙間から上がってきてしまいます。リアフェンダーをつけるとかつけないとか色々考えるんですがどうもパッと自分の中でのこれ!といったイメージが湧きません笑

マッドフラップ付けてみる!!とか・・・Orz

TWって手を水平に前に突き出す感じのハンドルだから。。。

ワークマンのバイカーズってカッパはかなり安定して濡れないですし、付属のネックゲイターがかなーり優秀で首からの浸水はまったくといっていいほどありません。ただし、TWを始めトラッカー系のハンドルはワイドハンドルで両手を水平に前に突き出すような姿勢になってしまうので、手首に水が浸水してきやすい気がします。バイカーズの手首部分もかなりしっかりしていますが多少湿ってしまいますので、濡れるのは覚悟で防寒のためにネオプレーンのグローブをしています。

で、色々調べてみてたら・・・ネオプレーンのリストガード!これ使えそうw

中の服の手首の上からネオプレーンでガードしてしまって、その上からカッパを着ちゃえばかなり湿るのを防げるんじゃないだろーかー?とか色々考えています。

スポンサーリンク
関連記事