通勤で乗ってみたいバイクシリーズ #7 |HONDA 新型クロスカブ110/50|待望のタンデムステップ!

2月5日に以前から発売予定とされていた

クロスカブ110/50が正式に発売となりました。

新しく

「タンデムステップ」

が装備されたことにより、正式に2名乗車が可能となりました。

今回は50ccモデルも登場となりましたので、幅広いユーザー層から注目を受けるモデルとなるんではないでしょうか・・・?

リアにボックスを積んで通勤仕様なんてのも魅力的な一台なのか?

クロスカブ110/50のスペック詳細

スペックを公式サイトから抜き出してみると・・・

クロスカブ50/クロスカブ110 主要諸元

やはり今回の注目のポイントはクロスカブ110の乗車定員が正式に2名となった点でしょう。

これで気にすることなく二人乗りすることができるようになりました。

デザイン的には、

以前はカブっぽいレッグシールドが装備されていましたが、今回のモデルは

ハンターカブCT110

を意識したのか?

レッグシールが付いていない無骨なデザインになってきました。

個人的にはこちらの方がオフロードテイストが前面に出てくるのでフィットしていると思います。

youtubeからのクロスカブ

流石に、まだレビューされている動画などを見つけることができませんでした。

見た目の質感はこれでわかるのかな?


あとは実際に走ってみて8PSがどんな乗り味か見てみたいところです。

そのうち試乗車なんかも並び始めることでしょう。

クロスカブを通勤で使うとイメージしてみたところ

クロスカブ50/110を通勤で使うことを想定してみたところ、

「リアボックスは必要」

だと感じました。

積載能力が無いに等しいカブのリアキャリアを活用しないと勿体無い。

例えば無難なところでは、

GIVIの普通っぽいリアボックスでもいい感じだと思いますが、

アイリスオーヤマのRVBOX460を縛り付けて乗る方が個人的にはしっくりくる感じ。

気になる価格帯が・・・

クロスカブ50

街にも自然にもフィットする、クロスオーバースタイルのカブ。

メーカー希望小売価格(消費税込み)

291,600(消費税抜本体価格 270,000円)

クロスカブ110

自由に使いこなせる、タフな相棒。2人乗りにも対応した110ccモデル。

334,800(消費税抜本体価格 310,000円)

通勤用のバイクとして考えたところ・・・
50cc、110ccともにちょっと高い印象を受けます。ただでさえ値上がりしたカブの更に上をいく価格帯はちょっときついかな?

まとめ

いっそのことクロスカブ150とかを開発して、高速道路も走行可能な感じにしてくれれば最高なんですけどね〜。

通勤〜ツーリングも可能ですが、高速には乗れない。価格帯は原付2種にしては高めな設定。

通勤をはじめ、全てをこの一台でこなす為のバイクというよりは、何台か持っている内の一台がクロスカブ110。

なんて生活環境にはもってこいかも知れません。

スポンサーリンク
関連記事