ドライブスプロケットをX.A.Mの18丁から純正20丁に戻したらトルク感が戻った|バルカン400

ドコドコ感を求めてこの冬の間、

「X.A.M 18丁ドライブスプロケット」

に変更してしばらくバルカンに乗っていました。

バルカンのドライブスプロケットをX.A.Mの20丁へ|ドコドコ感アップ!?
硬い硬いと噂通り外しにくかったバルカンのドライブスプロケットは事前に一度外してあるので、交換作業はいたってスムーズに進みました。 ...

一般的には、

  • 純正20丁とあまり変わらない
  • ドコドコ感はアップする
  • 扱いやすくなる

とかいいことばかり書かれているレビューばかり。

それを鵜呑みにして18丁に交換したのはいいんだけど、高速道路の速度域での根本的なトルク不足が不満でした。

バルカンのフロントスプロケット20T化は積極的にオススメできない唯一の理由
秋頃に我慢できずにバルカン純正のフロントスプロケット18TからX.A.Mのフロントスプロケットの20Tへ変更しました。 純正の18Tの...

という訳で、結局18丁から純正の20丁にドライブスプロケットを元に戻しました。

それから1ヶ月少しが経過し、自分の中での評価がまとまりました。

「純正18丁一択です」

音のために高速域でのトルク不足なんて考えられません。

*完全街乗りで、高速道路、自動車専用道路を全く使うつもりがない場合は参考にはなりません。

18丁に変えて所詮400ccのバルカンでドコドコ感は生まれるのか?

まず、根本的な部分からですが・・・

純正20丁のドライブスプロケットを使っていると、

ギアにもよりますが、60kmあたりから排気音が連続音に変わるはずです。

それが、

X.A.Mジャパンから販売されている18丁のドライブスプロケットに変更すると・・・?

  • 80kmあたりまでドコドコ感が引っ張れる。
  • 高速道路などで、80kmからの加速時などにもドコドコ感が現れる。

こんな感じの排気のリズムに変化します。

こんな評価ばかりで、いいことばっかり。

実際はというと・・・

18丁のドコドコ感に慣れてしまうと、所詮400cc感に代わる

純正20丁に比べると若干ドコドコした感覚は増しますが、とはいえ排気量自体が根本的に不足している400cc。。。

聴き慣れてくると、トコトコ程度に感じる訳です。

それでも街乗りメインであれば、純正の連続音に比べるとリズムはあるので、音を楽しむカスタムとして選択肢の一つ。

でも、慣れと共に不満が・・・

不満は高速寄りになったギア比の影響をモロに受ける高速域のトルク不足

街乗りでは使うギアに変化がある程度でそれほど不満に思わなかったギア比も・・・

高速道路に一度乗ってしまうと、

「トルクが不足していて100km巡行が辛い」

という壁にぶち当たります。

わかりやすく言うならば・・・

純正スプロケットの場合は。。。?

  • 80kmからの加速も普通に問題なし。
  • 雰囲気的には140km/hはでる感じ。
  • 100km巡行程度なら苦じゃないよ

一方、

18丁にドライブスプロケットを変えると・・・?

  • 80kmからの加速に鈍さを感じる。
  • トルクが足りず、100km巡行していてもほんの少しの登り坂で80kmにダウン。
  • 最高速はほんとフラットな直線であればなんとか120km/hは行けるかもしれない。程度に落ちる

こんな感じに高速域が苦手になってしまいます。

自分の場合は、結局このあからさまな高速域のダメさ加減に我慢ができずに純正18丁に戻すという決断を下しました。

バルカンのスプロケット交換|X.A.Mの20丁から純正の18丁へ戻す
高速域のトルク不足は我慢しながら乗っていましたが、ついに我慢の限界を迎えてしまいました。 現在の通勤マシンのバルカンは400ccながら...

純正ドライブスプロケット18丁に戻して1月が経過

ドコドコ感を楽しめる20丁から、純正の18丁に戻しました。

理由は、

  • 高速道路で気楽に100km巡行できなくなったから。
  • 所詮400ccにドコドコ感を求めても仕方ない。

大きくはこの2点。

戻してあげたことで、

  • 高速道路でのアップダウンも気にせず100km巡行がもちろん可能になりました。
  • もちろん排気のドコドコ感は純正の状態に。

大きく変わったのはやはりトルク感でした。

もちろん40~60kmあたりでのトルク感も違いますが、やはり高速道路上などでの80km以上でのトルク感が全く違います。

今までだと、登坂車線で80kmから加速するということは100%無理でしたが、純正に戻した現在であれば何の問題もなく100kmを超える域まで加速していってくれます。

やっぱ

ドコドコ感 < トルク感

18丁のドライブスプロケットを入れていた時のようなドコドコした感はなくなりましたが、その代わり連続音に変わってしまう所詮400ccの排気のトルク感に安心してしまいます。

やっぱりクルーザーで高速巡航を苦手にするわけには行かないですから、純正18丁に戻したことは正解だったと思います。

まとめ

なんだかんだ純正のドライブスプロケット18丁がいいんだな。

と分かったわけですが、

おそらく変えていなかったら

「18丁のドコドコ感と、それによって生じるデメリット」

を体感することが出来なかったので、ず〜っと変えたい変えたいと思い続けていたはずです。

20丁に変えてみたい!

という方に対して積極的に否定するわけではありませんし、やってみないとわかならないしデメリットを感じないかもしれない。

でも、

交換したとしても、苦手なゾーンに我慢が出来るのか?出来ないのか?わかりませんので、純正のドライブスプロケットは捨てずに戻せるようにしておいたほうがいいかと思います。

自分は、いい評価しかない20丁化のレビューに騙されて捨ててしまい、純正18丁のドライブスプロケットを買い直す羽目になりました・・・w

スポンサーリンク
関連記事