スポンサーリンク

和歌山の生活環境の件

和歌山県に引っ越してきてもうすぐ一年が経とうかとしています。現在12月ですが、やはり気温的には心持ち暖かいような気がするような気がします。

以前和歌山県でも南の端っこ、東牟婁郡串本町という本州最南端の地域に住んでいたことがありますが、この辺りだとアパート、ハイツなどがあまりなく、あっても狭かったり高かったりしたわけです。一軒家を借りる方が安くつくかも?くらいなレベルです。

とりあえず家賃は安いよ!

現在は和歌山県でも北に位置する和歌山市に住んでいるわけですが、家賃は安めに感じます。2LDKに駐車場がついて5万円程度〜で探すことができてます。どうやらマイホームですら、それくらいの金額から建てられるようです。むっかしも昔に兵庫県の西宮市というところでワンルームマンションで7万円弱でしたから、破格のような感じもします。

築年数やエリアをもう少し考えればもっと値段の安い場所もあるんですが、通勤エリアが和歌山市の中心街なのでそこまでエリアを離すことができませんでした。

どこの幼稚園でも行けるのはいいことなのか?悪いことなのか?

いろんな地域の制度を知っているわけではありませんが、和歌山市は市内のどこの幼稚園でも申し込みすることができるみたいです。イメージ的には近くの幼稚園に必然的に行くことになるような感じだったんですが、そういうわけでもなく、近いからと言って優先的に入れるというわけでも無いようです。。。。

定員をオーバーすると抽選

隣に幼稚園がある人だったとしてもその幼稚園の申し込みが定員を超えてしまうと抽選となるみたいで、何の優先権も無いみたいです。最悪の場合は兄弟で別々の幼稚園に行くことになり2つの幼稚園を掛け持ちで送迎することになったりするんでしょーか。。。優先があったりするとそれが逆に何らかの問題に発展するのかもしれませんが、どうかなー?と思ったりもします。

ウチのちびっこはクルマで毎日15分のところの幼稚園です。

引っ越してきて感じたこと

和歌山県に引っ越してきて思った一番のことは・・・

  • 公園が思ったより少ない。
  • いやいや、めっちゃ朝晩渋滞しますやん。
  • 原付通勤してる人率高い気がする。
  • なか卯が無い。
  • 和歌山イオン案外頑張ってるぞ。

こんな感じです。

中でも一番びっくりしたのが、朝晩の渋滞の酷さ。。。都市部での渋滞なら我慢というか理解もできるんですが、和歌山市の渋滞の原因はおそらく紀ノ川をどこかしらで渡る必要がある為に移動経路が集中してしまうことです。

抜け道を探そうが何をしようが最終の橋を渡ろうとする部分で渋滞にはまってしまいます。そういった理由もあって原付通勤している人が多いのかもしれませんが、が、雨の日になるとみんなクルマで通勤するんでしょうか・・・渋滞がさらに酷くなります。雨の日くらい車で通勤しようかな?という気が失せます。

これが原因で雨であろうがどんなコンディションでもバイク通勤をしているんです。

南海地震が来ても大丈夫だろうか・・・・

引っ越して来てから一番心配しているのが地震です。

昔串本町に住んでいた頃に、当時地震と津波を経験したことのあるお婆さんに聞いたことがあります。

お婆さん「海岸から一気に数百メートル潮が引いていって黒い地面が、見えたんよ。そしたらそのあと津波が押し寄せて来た。」

そのお婆さんの家は高台にあったので無事だったとのことで、その潮が引いていった風景も目に焼きついていると言っていました。

そんなこともあって和歌山市の中でも海側は避けて山寄りに位置するエリアで住んでいます。まあ、どこで何が起こるか?なんて誰にも想定できませんから予測はつかないんですが、避けられる可能性のあるものは極力避けよう。っていう感じでしょうか。

また、住宅は別として勤務先のエリアはというと、完全に和歌山市の防災マップで行くと水に浸かってしまうエリアに該当します。

ただ、和歌山県の大学で地震の防災避難を研究している学生に聞いた話だと

「和歌山市の中心部であれば、ビルの6F以上であれば大丈夫な可能性が高い」

とのことだったので、勤務先はビルの7Fですからそこはクリアできていて安心、安全とはいきませんが、希望は持てます。

まぁ、色々考えて引っ越して来て、引っ越して来てからも逃げ道を考えたり防災マップを見たりしましたが、やはり定期的に意識を持って生活するということが一番なんでしょう。

スポンサーリンク
関連記事