防水防寒!!モトフィールド|MF-OP14オーバーパンツ

バイク全般

防寒着というキーワードで考えると・・・

世間ではワークマンのイージス一本。

ワークマン楽天市場は売れすぎて一時閉鎖という状態だったようで・・・

でも、バイクに乗るという前提で考えると、ジャケットは最高なんですがパンツの裾の長さがもう一声欲しい。そしてマフラーの熱がすごく気になる。

という感じでパンツは別のバイク用品を購入した方がいいかもしれません。

タイトルのパンツの別カラーでMF-OP12というモデルを3年ほど使い倒しましたが、現在もまだ現役(若干生地が薄くなってきつつあり寒さを感じるようになり始めたかも?)で、マイナス温度域の高速道路という環境でも我慢できる防寒性能とかなりの雨に打たれても案外耐える防水性能。

値段もそれほど高くないということで、来年あたりに新しく新調しようかなと思っていたところ・・・特価に出くわしてしまい、MF-OP14というモデルを購入してしまいました。

特にライドオンイージスなどジャケットのみのラインナップの商品と合わせたり、バイク用ではない防水防寒着(イージスなどの)の短いパンツの代替品として使うとちょうどいいかもしれません。

MF-OP14

いわゆる迷彩カラーのMF-OP12と考えて問題ないかと思います。

通常の迷彩とシティ迷彩(アイスカモフラージュ)の2種類があるようです。

自分が購入したのは普通の迷彩のほう。

理由は3000円を切る価格帯で販売されていたからw

本当はシティ迷彩の方がよかったんだけど・・・

fieldjp.com

ということで早速開封してみました。

普通に購入すれば6800円(税別)。

もちろんバイク用品なので、一般用の防水防寒着などによくあるパンツの短さは気にする必要はありません。バイクにまたがってずりあがらない程度の股下は確保されています。

MF-OPシリーズの良いところ!

一番気に入っているポイントは、

当然の防寒性能ながらかなりの防水。

大々的に謳われている訳ではないんですが・・・

結構防水です。

小さく防寒防水と書かれているだけなんですが、期待以上の防水性能がありました。

実際、

レインウェアを着用しなくても大雨の中2時間程度であれば完走できるレベル。

今まで使っていたMF-OP12は

ブラックの一般的な当たり障りのないカラーリングとデザインです。

着用感は流石に若干着膨れします。

見比べてみましたが、カラーの違いだけで構造は全く同じみたいです。

今回購入したモデルは迷彩という訳で・・・

若干素材感はMF-OP12よりもテカテカ感がありました。テカってないことを期待したんですが・・・

このMF-OP12、MF-OP14共にフロントファスナーがありません。

ベルトを通すベルトループも付いていますが、前側、後ろ側にゴムが入っているのでわざわざベルトをしなくてもずり落ちないように履くことができます。

ファスナーがあればな〜。と思うシチュエーションが無いわけでもないですが、ファスナーがないことで雨の日の心配が減るという風に捉えています。

そしてオーバーパンツによくあるオーバーサイズを買う場合でも左右のサイドに調節用のマジックテープがあるため問題なくオーバーサイズを購入することができます。

自分は前回同様ワンサイズアップのLLを購入しました。

そして、

バイク用の防寒オーバーパンツなので、

膝下の内側の両方に耐熱素材が使われておりマフラーに触れただけで熱で一瞬で溶けてしまうことは防いでくれる。

さらに、使ったことはないけども・・・

膝パッドの収納袋が裏側に装備されています。

もちろん靴の種類に応じて裾を調整できるようにマジックテープも装備され、バイク用の一般的な防寒オーバーパンツとしても機能は有していると思われます。

まとめ

スクーターなどの場合オーバーパンツの股下の長さをそれほど気にする必要はありませんが、普通のクラッチの付いたバイクに乗ろうとするとジャストサイズではパンツがずり上がってしまい寒さが入り込んできてしまいます。

パンツの長さのために一般的な防寒着をツーサイズアップ・・・とかでもいいのかもしれませんが、

ちょうどいいサイズ感のイージスとパンツだけ別で

バイク用のパンツを使うとより防寒性能がアップするかと思います。

以前ワークマンのイージスではなく、ライドオンイージスというジャケットのみの防寒着を購入してあるのですが、ライドオンイージスとの組み合わせにも最適なオーバーパンツです。

ナンカイオーバーパンツも定番ですが、耐水性能ではこちらの方がはるかに上でした。(経験上)

バイク全般

あわせて読みたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
バイクツーキニスト ブログ

コメント