新型ジムニーが売れすぎているようだけども大丈夫なの?|JB64W

クルマ全般

大前提として、

ジムニーは嫌いではなく大好きな車種です。

流石に2ストのSJ30は所有したことはありませんが、JA71から始まりJA11数台乗り継ぎ、JB23Wも所有していました。

が、

ほぼ20年ぶりのフルモデルチェンジのジムニーがバカ売れしすぎている現状に不安を覚えるわけです。

何故ならば・・・

ジムニーは、万人ウケするタイプのクルマではなくターゲットを絞って作られた特異な車種。

そのジムニーをおそらく全国のスズキ営業マンが売りまくっているわけで・・・

フルモデルチェンジの新型だといってプッシュしてもいい車種なんでしょうか・・・?

どう考えても違うと思うわけで・・・

例えるとすれば、

買い物に行くための自転車として、ママチャリではなく前かごの付いていないマウンテンバイクを買っているようなもの。

いくら新型で売りやすいとはいえ、使い勝手、燃費などの面でいえば似たような形をしたハスラーの方が遥かに上なわけです。

スポンサーリンク

新型ジムニーを検討中の方へ

現在、軽自動車を検討されている方でジムニーをその中の検討中の一台に混ぜている方もいらっしゃるかもしれません。

そういった方にデメリットを紹介します。

ただし、デメリットをクリアできる方には間違いなくジムニーはオススメの一台となること間違いなしです。

以前、自分の身内が前の型のジムニー(IB23W)を検討している際に送ったデメリットは下記。

  • 燃費はそんなに良くはない。むしろ今時の車の中では悪い方。
  • ドアは2枚だけど3人以上乗る機会があれば辛いよ?
  • リアゲートは横開きだけど、荷物の積み降ろし時に雨に濡れるかもしれないけど大丈夫?(スーパーの買い物とか)
  • リーフスプリングからコイルスプリングに代わり、乗り心地は改善されているとはいえワゴンRなどと比べてしまうと明らかに悪いよ?

要するに、

ほぼ一人しか乗らなくて、リアゲートの横開きに不満を感じない。乗り心地よりは降雪時や未舗装路などでも問題なく移動できる部分を評価できるのであれば買い。

身内は上記のデメリットは問題なく、メリットとして

  • 汚れていてもそれほど気にせずに乗れる。
  • 少々ぶつけたところでそのままでもそれほど違和感がない。
  • 軽の割にしっかりとしたボンネット長で安心感がある。

という点が気に入って、結果ジムニーを購入するという流れになった記憶があります。

新型だから!

といって飛びついていいほどの省燃費性能というわけでもなく、乗り心地も一般的な軽自動車に比べると落ち、ドアも2枚しかなく・・・

真新しい四角いジムニーが可愛い!カッコいい!と思って購入したものの、やっぱり使い勝手が悪いから・・・

と、なってしまう層もかなりいるのではないか・・・と心配してしまいます。

ジムニーとハスラーの乗り越えられない絶対的な違いは2枚ドアか4枚ドアか?

です。

このポイントを良く考えてご検討される方がいいかと思います。

何気に自分が期待している部分は・・・?

現在のバカ売れ状態のジムニーですが、

想像していることは・・・

  • 後ろにドアが無いってやっぱり使いにくい!

というユーザー層が早めにジムニーを手放すこと!です。

すれ違いざまに運転手さんを見ていると案外女性であったり年配の方であったり、明らかに営業マンがうまく商談を進めたんだろうな〜。という運転手さんを見かけますので、高年式、低走行でJA11などのように社外部品に交換されまくっていないノーマル状態のJB64Wが中古市場に出回るような気がして、この点を期待しています。

安く出回らないかな〜・・・

まとめ

そういえば、新型のJB64Wが気になっているタイミングで、

知人がJA11後期型の幌車両を入手していました・・・。

幌の状態も良く、フェンダー周りのサビもなくなかなかの上物でタイミングというか運が良かったというか。

トミカ No.14 スズキ ジムニー(初回版)

JA12の幌が転がっていれば欲しいんですけどねぇ。

クルマ全般
スポンサーリンク

あわせて読みたい

シェアする
バイクツーキニスト ブログ

コメント