DMMのクルマ買取?これは楽!|スマートフォンで写真を撮るだけで査定がまるでメルカリ感覚

クルマ全般

皆さんご存知かもしれませんが、クルマやバイクの毎年の税金は4月1日時点での所有者や使用者に対して一年分の請求が発生し、5月ごろに自動車税の払込票が届くはずです。

市町村が管轄をしている軽自動車の税金の場合には仮に4月2日に売却したとしても、発生した税金の免除等はありません。

ちなみに、

県が管理している登録車(普通車)の税金に関しては、月割計算で納付した税金が還付されます。が、一般的には一度税金を一年分支払う必要があります。

というわけで、

クルマやバイクの売却、処分をご検討されている方は、早めの処理がお勧めです。

理由は、

3月末までに売却を済ますことができたとしても、車検証上の名義変更や廃車手続きが3月中で終わらない可能性があるということ。

そうなってしまった場合には、もちろんのこと税金が発生します。

そうならない為にも、

事前にハードルの高い行為である、店舗に足を運ぶ。ということをせずに、事前にある程度の査定価格のラインというものを調べておいてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

3月末に焦って売却を試みても業者さんに足元を見られます

3月末のタイミングで、税金がきてしまうから!

と、焦って車やバイクの売却をしようと買取業者さんに足を運んでみても・・・

「3月中に焦って売却しようとしてる」ことを読まれてしまいます。

そうなると・・・

本来の買取価格よりも低めの価格で焦って売却してしまったりするかもしれません。

相手はプロ。

クルマやバイクの買取は本来、複数店舗で価格のチェックをしてから決定する程度の余裕が欲しいところです。

とすると、

3月中に売却、処分を検討されている場合には、もう動き始めてもいいタイミングな訳です。

買取の際に競合させればいいという話ですが・・・

こんなわけで、結構な方が同一市内の買取業者さん複数店舗でおきまりのように査定されたりしていることがあります。

これ、実は回りすぎると逆効果。

近いエリア内の買取業者さん間で繋がっている場合があります。

つまり、

高い査定額を求めて色々な店舗に足を運び、ふっかけるような商談をし、

最終的には・・・

  • 複数店舗間でその情報が回る。
  • どこの店舗に足を運んでも消極的な商談になる。
  • 最終的には相手にされなくなる。

こんな状況になりかねませんので、

近いエリアで査定のために複数店舗を回るとしても2~3軒までで押さえておく方がいいかもしれません。

もしくは若干足を伸ばして各主要都市の買取店に足を運んでみるか・・・

です。

この状況は実際にあった話です。最終的にはかなり安めな価格で売却することになってしまったようです。

事前にある程度の査定の価格ラインをチェックしておくべき

車の査定は、

車検証上のデータ、カラー、傷や修復歴などで大まかな価格をチェックすることができます。

最近見つけたんですが、

DMMがスマートフォンで写真を撮って車検証上のデータを入力するだけで、大まかな査定額を弾き出してくれる買取サービスを始めていたようです。

それが、

DMM auto

いつでも、どこでも撮るだけ、簡単査定。

なんとスマートフォンで車を撮ってただ入力するだけで値段がわかるんです。

操作感覚はまるでメルカリのレベルで簡単な作業。

さらに

営業電話は掛けません!

と告知されていますので、値段を調べるだけのためにでも十分活用できるものと想定できます。

店舗に足を運んで・・・

となるとものすごくハードルが高くなってしまうんですが、手持ちのスマートフォンだけで値段を調べることができるなんてすごく楽な世の中になったものです。

こういった簡単に値段をチェックできるところで下調べをしておいてから、最終的な売却への価格帯を探っていくことが、安く買い叩かれないコツかもしれません。

まとめ

車やバイクの乗り換えの際、よく販売店さんにそのまま下取りに出す。

ということがよくありますが、

面倒だから、よく知らないからそのまま下取りに出したりするのかと思いますが、

基本的には、

査定額は販売店さんより買取店さんのほうが高い価格で買い取ってもらえることが多いです。

確かに面倒だと思うんですが、その一手間だけで数万円以上の差額が発生することがよくありますので、

下取り、売却、処分の際には本当に一手間かけてあげることをお勧めします。

ちなみに、こうやって事前にチェックしておいた価格帯をもとにヤフオクなどに出品するのも一つの方法です。

クルマ全般
スポンサーリンク

あわせて読みたい

シェアする
バイクツーキニスト ブログ

コメント